独立自尊・防衛一新

独立自尊の民族
アメリカからの政治自立
中国からの経済撤退

世襲議員達により、日本は沈没する

日本民族は消滅する。利益本位の日本の大手企業は中国と提携して国を売る。不動産は中国富裕層に買い占められる。町は中国系によって支配される。中国共産党の兵法苦肉の策によて、日本国土と民族性は消滅する。

このままでいいのでしょうか?

新みずほ国造りの会は

新しい志士が立ち上がること以外日本は終焉すると考えている。

新しい志ある議会を創る

ネット時代です・議会もネット。議員数を10倍にする。100倍もいい。民意の直接民主主義に近くする

歴史認識

我が国土は、ユーラシア大陸から分離し地殻プレートの衝突により結合した火山島であり地震島である。台風による強風と豪雨で被害を受ける。日本海側と北海道は冬場、雪に閉ざされる。過酷で且つ豊かな自然条件を持つ国土である。


日本人は、恵みと驚異をもたらす自然の一部として命を感得してきた。自然と個を分離しない「主語なき話し言葉」は、短歌や和歌に象徴される。現代日本人の土台ともなっている。自然鎮撫の祭主代表に天皇を頂く特異な特徴を持つ民族として今に至っている。


他民像との接触が日本人を変質させる。隣国中国との接点で「漢字文字」を得、日本人は、文字を借用して、柔軟な吸収力で独自文化に仕上げた。民を救うものが仏教で、自然を崇めるものが神道で、神仏共存の文化を生きている。

黒船来航で西欧文明に遭遇、日本人の独特な吸収力で近代化に努めた。天皇を神と化した中央集権国家を形成、富国強兵をスローガンに日清、日露、日中、日米と80年間で、4度の戦争を繰り返してきた。

原爆投下され昭和20年8月15日降伏、現日本国憲法のもと天皇は国民の象徴となった。以後、日本は米国の自由と民主主義を共産主義から守る防波堤の役割をになった。昭和27年の朝鮮戦争では後方基地となり特需を得て「物づくり産業復興」が急速に進んだ。国の立て直しは傾斜生産方式という社会主義的産業育成方式で行われた。経済産業省が主導し大蔵省が各銀行一列で日本経済復興を支えた。

平成元年には、世界企業ランキング50位以内に日本企業が40社もひしめきJAPAN is NO1」と評価されるGDP世界第二位の国家となった。日本の安全は米国に依存し、軍備に向ける予算をすべて経済復興に向けた。モノづくり「力」を活かして、発明借用転写型改良製品製造体制で世界市場を席捲、めざましい経済発展をなした、

この間、巨大地震が「端境期」にあったことも幸いした。都市に人口が集中、農村人口は減少、太平洋ベルト中心の工業国家となった。日本の国の形は50年で大きく変わった。横文字カタカナ英語が日本語となり、IT普及と同時に、アメリカ文化を柔軟な消化力で吸収、グローバル化の波に乗った。しかし、停滞の30年となっていた。経済と民力は停滞していた。

令和元年、国民は衰退する日本の影を見た。世界上位50社のランキングには「トヨタ自動車」1社のみである。平成元年の面影はない。世界は「アルファベットITコミュニケーション経済構造」に変わっているのだ。GAFAと呼ばれる新興ビジネスマンが世界革命を起こしている。

アルファベット世界のsocial networking service, SNSは個が組織を飲み込む時代を生み出していた。個と個のネットワークを支えるものは、「考え方を伝え合うコミュニケーション」である。日本人が持ち合わせない能力の世界が急速に広がっていた。

2020年1月、コロナウイルスの拡散が始まった。命の脅威と共に経済世界は変わる。世界の工場中国から、各国は生産体制のチェンジに進む。世界経済の構造はすさまじい勢いで変化を遂げる。「世界基準の思考・管理法を持たない借用転写型物づくり国日本」は、コロナが済めば中国で又、この便宜主義では日本は更に急速に凋落するだろう。

この地球的パニックは、新たな「AI世界」と新たな「個のコミュニケーション世界」を広げていく。都市集中の終焉、大きなビルの不要化が始まる。富の一極集中経済に警鐘を鳴らしている。日本人にとって「世界を鳥瞰して伝える新たなコミュニケーション能力の獲得」は必須となる。

この能力の獲得は、「日本列島史と伝統文化を再度謙虚に学ぶ・助け合いのチーム(役割分担と誰でもを生かす)学習を加える」ことから始まる。学び訓練すれば独自の複合新文化国へと脱皮が可能となる。本会「新みずほ国造りの会」の政治的位置はここにある。

危機認識

日本の危機は日本列島が直面する空前のメガ地震である。首都直下及び南海トラフ地震の損害復興に要する期間は20年間、費用は2000兆円との試算がある。

江戸時代は「地震、雷、火事、おやじ」と言い、危機管理体制が幕府と町とが一体となって形成されていた。現在、コンクリート建築物等で石垣を作っているが、人と人を繋ぐ石垣が壊れている。考えを伝え合う話し合いから生まれる「助け合い」=「コミュニティー」が形成されていない。日本は世界の最貧国となると予想されている。

真の危機は、人の石垣の築き方を失っていることにある。未来を担う子供と経済を担う経営者の人材育成の危機でもある。

日本人は、「主語無し言語」で「前例の積み上げ型」の社会に生きているので、「主語型言語」(アフファベット族、中国語、イスラム語を含む)のグローバル世界の思考法が出来ない。世界を鳥瞰して未来像のビジョンを創る。そこから目的を設定、目標策定、行動実行、結果評価、判定、前提を再考しながら継続的イノベーションを繰り返す「演繹法」が日常にない。

ガラパゴス人と言われる所以である。世界から取り残される危機である。ここ危機は「初めてにして唯一の自然が日本に与える自己変革のチャンス」である・

独立自尊民族

アメリカからの政治自立

中国からの経済撤退

日本人の未来グランドデザイン
日本人は全くのガラパゴス人で唯一無二の思考法というより美的情緒性と本質的に争わない感性を有しています。それ故に、西欧的な思考回路を習得して、そこに寛容性を付加すれば、 日本人は世界基準を超える助け合いの精神を持つ世界を救う民族となります。
この地上から、貧困と戦争を永遠に追放し、富と幸せを分かつ世界を実現する先頭に立つこととなります。
利で争わず、企業は株主主義を捨て、働くもの、企業と企業の共生に重点を置けば、そもそもこの家族主義が日本を「ナンバーワン」にしたのです。しかし、戦勝国米国の日本を自立させない戦略の下、まず、企業の家族主義が破壊されました。
次に、大蔵省の解体です。財務省と金融庁が分離されました。金融庁は完全に米国資本の御用聞きとなりました。日本の主だった金融機関は中小企業への融資をやめ、米国債の購買者となりました。
日銀はアメリカFRBの子会社です。株価ばかりを気にして、どんどんと国債を発行。今や、毎年の国民から徴収する税金の40%以上が、国債の利払いと元本返済です。これで国内企業が成長するわけがありません。
悪いことに、経済改革を旗印に民間から「竹中平蔵」が登用されました。一番に行ったことは、短期資金の借り換え借り換えで、成長する日本型成長方式の息の根を止めたことです。
利益の中から元本と利息を返させる長期融資以外は、不良債権とさせて、金融機関を支配しました。中小企業はバタバタと倒産、地銀なども融資先を失いました。平蔵の日本売りとはここことです。
米国は、徹底的に同時に、経済産業省の力をそぎました。行政が民間企業の合併や成長を支援する国策経営にストップをかけました。日本企業は外資との直接競争にサラッされ、株式買収の標的となりました。ハゲタカファンド時代が始まります。
村上ファンドが「金儲けはいけないのですか?」と叫んだ時代です。金儲けのために「企業は存在する」のではありません。ここに、落とし穴があります。
日本企業は次々と、米国に支配される政治と行政の圧力で、生産拠点を、低賃金だった中国へとシフト、危険な沼地へと入り込んでいきました。
中国は「共産主義で全体主義の国で、且つ、中華王朝を目指す覇権国家」です。日本企業が撤退できない、沼から出れない奥地にまで、今や誘い込まれています。中国共産党軍による戦略的包囲網に引っ掛かりました。人民戦争論を知らない日本経営者のみじめな姿です。国を捨てたさすらいの経営です。
日本は、なんでもYESのアメリカの子分で、下半身は中国共産党に羽交い絞めにされています。このような惨めな民族となった原因は、政治家にあります。家業の政事業の利権を親からいただき世間を知らない政治家坊ちゃんが大半である自民党政治にあります。
米国の日本支配は裁判と検察権を握ったことです。気概のある政治家は落とされ、官僚はやる気をなくし保身だけです。今日の安部政権などは、何でもありの株価アップ、紙幣バラマキ政権です。悲しいかな、アメリカ新自由主義の従属国家となっています。

 

ここに感染症パンデミック爆弾
トヨタ、ホンダ等など経団連企業は国賊企業です。
マスク生産、人工呼吸器は中国任せです。 なにが国防ですか?
なにが、何が憲法改正ですか? 国民の命と生活を守れない国家とは日本政治です。
コロナは日本の姿を白日にしてくれました。
侍魂を呼起こし日本を立て直す
日本人はコロナを乗り越え、空前のメガ地震にも備えるためには、助け合いの精神を学ばねばならない。
世界基準を超える助け合いの精神は、自然と調和してきた日本伝統文化を土壌として自然を活用する科学文化やビジョン思考とを取り入れる学習によってもたらされます。
子供達や女性、経営者、労働者等が「世界基準の助け合い学習法」=「思考回路をイノベーション」を「日常的に訓練」すれば、主語無し情感文化が主語ありロジック文化を吸収して統合します。
そうなれば、的確な危機管理やビジョンコミュニケーションが日常的に容易となります。
日本人は民族特技の異文化吸収力で独自化して「地球民族」となる可能性とチャンスをコロナが運んできています。
絶対平和を希求し,絶対中立の立場を堅持し助け合いの民間防衛力で世界への貢献国となります
日本人に与えられた
「唯一無二の贈り物」です

 

18歳から28歳の男女を教育訓練する。フランスでは徴兵か海外で無銭で仕事を探して世界を学ぶが学生のカリュクラムです。韓国の若者は北との対立の中で徴兵。日本人は、中国から占領される可能性を考えてほしい。占領とは、陸軍的な占領です。

 

中華共産主義は甘くないです。必ず、日本の神髄は占領されます。