Prior knowledge

At the age of 20, (1) the wisdom gained from a two-year pioneering trip to Eurasia, (2) the results of Kamiya’s industry-academia technology development team, and (3) the Harvard method learned from his partner, Professor Kasahara, for 15 years. , It is a schematic diagram of the procedure of “team thinking” developed by adding them.

私は20歳の時、(1)ユーラシアへの2年間の開拓者的旅から得られた知恵、(2)産学技術開発チームの成果、(3)15年間パートナーであった笠原英司博士から学んだハーバード大学方式 、下記はそれらを追加して開発した「チーム思考」の手順概略図です。

予備知識

For thinking, “language” is the right hand and “education” is the left hand. Without knowing the “thinking procedure”, “dreams and results” cannot be achieved by language and education alone.

考え方は言語と教育で形が作られます。前向きな考え方の法則と手順を知らなければ言語と教育だけでは「夢も成果」も達成できません。

考え方だけが必要でした

You don’t have to be an “English brain”. “English ears” (Note) will be completed by the age of five. You will learn the “laws and procedures” of this idea and make it a habit. The idea is to move the world forward and make people positive. (Note) It is said that Japanese is mainly 150 to 1,500 Hz and English is 2,000 to 12,000 Hz, but it is difficult for Japanese to hear English due to this difference in frequency band. The ear that can hear this English frequency band is read as “English ear”.

「英語脳」である必要はありません。「英語耳」(注)は5歳までに完成してしまいます。ここで紹介する考え方の「法則と手順」を学び習慣化することで、世界を前進させ、自分自身を前向きにするができます。(注)日本語は主に150〜1,500Hz、英語は2,000〜12,000Hzと言われていますが、この周波数帯の違いにより日本人は英語が聞き取りにくくなっています。 この英語の周波数帯を聞くことができる耳を「英語耳」といいます。

言語の法則を知っておく

The Akira Journey began in Russia.
Take a Nakhodka ship, a military aircraft, and the Trans-Siberian Railway to Moscow.
Akira was one of the models of “Hiroyuki Itsuki”‘s maiden work “Moscow Fools”.
Akiraのジャーニーはロシアから始まった。
ナホトカ~シベリア鉄道~軍用機でモスクワに至る。
「五木寛之」の「モスクワ愚連隊」のモデルの一人。

language

Japanese begins with a small doll and ends with a conclusion (large doll). In Indian-European, we start with the conclusion (big doll) and explain the details (small doll) one after another. Education in Japan is a “remember and imitate” system. Europe and the United States are systems that extend their strengths

言語

日本語は小さい人形から話しはじめて、終わりに結論(大きい人形)を話します。インド・ヨーロッピア語は結論(大きな人形)から話し始めて次々と細部(小さな人形)を説明していきます。日本の教育は「覚えて模倣する」システムです。 ヨーロッパとアメリカは個人の長所を伸ばすシステムです。

“challenge method”

日本人は調和力の上に築きます

I think Japanese people are not as good at understanding what I say as people in Indo-European languages. The cause is language and education. However, there are advantages peculiar to Japanese people. Harmony. If you build a good idea on this foundation, you will have a wonderful home.

インド・ヨーロッパ語圏の人に比べると日本人が私の考えを習慣にするのは難しいと思います。その原因は言語と教育にあるからです。しかし、日本人に特有な長所があります。調和力です。この基礎に前え向きな考え方を組み立てれば、素晴らしい家となります。

1.PlAYBACK to 1965

The birth of Akira ’s thinking procedure dates back to 1965.

Akira’s思考手順の誕生は1965年にPlAYBACK