議員は世襲、異常な国・ニッポン

It ’s always the same baseball game.

習慣的考え 前例を乗り越える

下記は常識で問題にならない例です。何故、日本では世襲政治家が多いのでしょうか?
日本社会では不思議に思われていません。常識になっています。世界は政治がオンラインと連動し始めています。身近なテーマになっているのです。
この件は、日本社会の悪の象徴です。世界の人に説明不可能なことです。世襲と言う英語訳がないほど、日本的利権構造なのです。

The following is an example that is common sense and does not matter. Why are there so many dynastic politicians in Japan? It doesn’t seem strange in Japanese society. It has become common sense. In the world, politics is beginning to work with online. It’s a familiar theme. I would like to think about this matter.

Bad example of old practice

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia

2021現在まで

アメリカ合衆国(18名)「アダムズ家」4名「ハリソン家」4名「クリントン家」2名「ケネディ家」3名「ゴア家」2名「ブッシュ家」3名
★イギリス(8名)「ピット家」2名「チェンバレン家」4名「チャーチル家」2名

★日本(809名)

自由民主党 (599名)
あ行
逢沢寛─逢沢英雄─逢沢一郎
愛知揆一─愛知和男(娘婿・養子)─愛知治郎
青木正─青木正久
青木幹雄―青木一彦
赤城宗徳─赤城徳彦(孫息子)
赤沢正道─赤沢亮正(孫息子)
秋田清─秋田大助
芦田鹿之助―芦田均
大久保利通・三島通庸―麻生太吉・牧野伸顕―吉田茂―麻生太賀吉─麻生太郎
佐藤栄作・岸信介(実兄)─佐藤信二─阿達雅志(娘婿)
安倍寛・岸信介・佐藤栄作(岸の実弟)─安倍晋太郎─安倍晋三・岸信夫(三男で晋三の弟)
天野頼義─天野公義
甘利正―甘利明
鮎川義介―鮎川金次郎
池田勇人─(池田行彦:娘婿)─寺田稔(甥)
岩井國臣─岩井茂樹
石原慎太郎(辞職後に東京都知事を経て日本維新の会)─石原伸晃・石原宏高
石破二朗─石破茂
井出一太郎─井出正一─井出庸生(正一の甥)
伊藤宗一郎─伊藤信太郎
稲葉圭亮・稲葉修(圭亮の弟)―稲葉大和(修の長男)
井上孝哉―石原幹市郎(孝哉三女の三起子夫)・石原三起子―石原健太郎(後に自由党)―石原洋三郎
井原岸高─井原巧(孫)
高橋龍太郎―伊吹文明(孫娘婿)
岩上二郎─岩上妙子(妻)
岩屋啓─岩屋毅
植竹三右衛門─植竹春彦―植竹繁雄
臼井荘一―臼井日出男
内海安吉─内海英男
宇野宗佑─宇野治(娘婿)
浦野幸男─浦野烋興
江崎真澄─江崎鉄磨・江崎洋一郎
江島淳―江島潔
江渡誠一・江渡龍博─江渡聡徳
江藤隆美─江藤拓
遠藤清海─遠藤武彦
大石八治―大石千八―大石秀政
大島勇太郎・夏堀源三郎─大島理森(甥)
亀井光―太田誠一(娘婿)
太田豊秋―太田光秋
大塚雄司─大塚隆朗
大坪保雄─大坪健一郎
大野伴睦─大野明・大野つや子(大野明夫人)─大野泰正
大野功統─大野敬太郎
大村清一─大村襄治
岡下信子─岡下昌平
岡部英男─岡部英明
小川平吉─小川一平・小川平二─小川元
奥野誠亮─奥野信亮
小此木歌治─小此木彦三郎─小此木八郎
小里貞利─小里泰弘
越智通雄─越智隆雄
小野寺信雄─小野寺五典(娘婿)
小渕光平─小渕光平 (2代目)・小渕恵三─小渕優子
尾身幸次─尾身朝子
か行
鍵田忠三郎─鍵田忠兵衛
梶山静六─梶山弘志
加藤精三─加藤紘一─加藤鮎子
加藤高蔵─狩野明男(娘婿)・狩野安─狩野岳也
加藤六月─加藤勝信(娘婿)
金子岩三─金子原二郎
金子一平─金子一義─金子俊平
亀井善彰・加藤貞吉―亀井善之―亀井善太郎
亀岡高夫─亀岡偉民(甥・養子)
唐沢俊樹―唐沢俊二郎
川崎克─川崎秀二─川崎二郎
河本嘉久蔵─河本英典
岸田正記─岸田文武─岸田文雄
北川石松―北川知克
北村義和―北村直人
木村文男─木村守男─木村太郎・木村次郎
木村勉-木村弥生
木村武千代─木村義雄
高田富與―鯨岡兵輔(従兄の子)
久野忠治―久野統一郎
倉成庄八郎―倉成正―倉成正和
栗原祐幸─栗原裕康
小泉又次郎─小泉純也(娘婿)─小泉純一郎―小泉進次郎
河野一郎・河野謙三─河野洋平─河野太郎
高村坂彦─高村正彦─高村正大
河本敏夫─河本三郎
國場幸昌―國場幸之助(大甥)
小坂善之助─小坂順造─小坂善太郎・小坂徳三郎─小坂憲次
後藤文夫─後藤正夫
後藤田正晴─後藤田正純(大甥)
小西哲―小西理(弟)
小林絹治─小林正巳
小林多門─小林弘幸
近藤元次─近藤基彦
さ行
桜内幸雄─桜内義雄
左藤義詮─左藤恵─左藤章(娘婿)
佐藤鶴七─佐藤昌次─佐藤勉
斉藤滋与史・増岡博之─斉藤斗志二
斎藤昇―斎藤十朗
坂田道男―坂田道太
坂本朝次郎─坂本剛二
笹川良一─笹川堯─笹川博義
笹山茂太郎─笹山登生
佐田一郎─佐田玄一郎(孫息子)
椎名隆─椎名一保(孫)
塩川正三─塩川正十郎
塩崎潤─塩崎恭久
塩谷一夫─塩谷立
志賀健次郎─志賀節
七条武夫─七条広文─七条明
小沢潔─清水清一朗(娘婿)
島村一郎─島村宜伸
自見庄三郎─自見英子
助川啓四郎─助川良平
鈴木善幸─鈴木俊一
鈴木宗男─鈴木貴子
砂田重政─砂田重民―砂田圭佑(重民の甥)
住栄作―住博司
関口恵造―関口昌一
関谷勝利―関谷勝嗣
世耕弘一―世耕政隆─世耕弘成(政隆の甥)
園田直─園田博之
た行
高鳥修―高鳥修一
竹内俊吉―竹内黎一
田中六助―武田良太(甥)
竹下勇造―竹下登・竹下亘(弟)
武部勤―武部新
竹山祐太郎─竹山裕
伊達忠一─伊達忠応
橘清治郎─橘林太郎─橘直治─橘康太郎─橘慶一郎
田中義一―田中龍夫
田中啓一―田中良生
田邊七六─田邊圀男
谷洋一―谷公一
谷川昇―谷川和穂
谷垣専一─谷垣禎一
田野瀬良太郎─田野瀬太道
松野幸泰─松野幸昭・棚橋泰文(甥)
田村實─田村良平─田村公平
田村元─田村憲久(甥)
中馬馨─中馬弘毅
塚田十一郎─塚田徹・塚田一郎
塚原俊郎―塚原俊平
津島文治─津島雄二(姪婿)─津島淳
土屋義彦─土屋品子
戸井田三郎―戸井田徹
渡海元三郎─渡海紀三朗
徳田虎雄─徳田毅
床次竹二郎─床次徳二・佐藤重遠(娘婿)
な行
永岡洋治―永岡桂子(妻)
中川一郎─中川昭一―中川郁子(妻)
中川俊思─中川秀直(娘婿)─中川俊直
原文兵衛―中川雅治(娘婿)
中島知久平―中島源太郎―中島洋次郎
中曽根康弘─中曽根弘文―中曽根康隆
永田秀次郎─永田亮一
中谷貞頼─中谷元(孫息子)
長峯基―長峯誠
中村庸一郎─中村正三郎
中村梅吉─中村靖
中山榮一─中山利生─中山一生
中山福蔵・中山マサ─中山太郎・中山正暉─中山泰秀(正暉の息子)
楢橋渡─楢橋進
二階俊太郎―二階俊博
西田吉宏─西田昌司
西野陽─西野茂(弟)
吹田愰─西村康稔(娘婿)
西銘順治─西銘順志郎・西銘恒三郎
二之湯智─二之湯武史・二之湯真士
丹羽喬四郎─丹羽雄哉
丹羽兵助・丹羽久章─丹羽秀樹(兵助の孫息子)
橋本万寿夫―額賀福志郎
野上徹─野上浩太郎
野田武夫―野田毅(娘婿)
野田卯一─野田聖子(孫娘)
野中英二─野中厚(孫息子)
野呂恭一─野呂昭彦
は行
橋本龍伍─橋本龍太郎・橋本大二郎─橋本岳(龍太郎の息子)
服部安司─服部三男雄
鳩山和夫─鳩山一郎・鳩山秀夫─鳩山威一郎─鳩山邦夫─鳩山二郎
葉梨新五郎─葉梨信行─葉梨康弘
羽生田進─羽生田俊
浜田幸一─浜田靖一
浜野清吾─浜野剛
林有造―林譲治―林迶
林大幹─林幹雄
林平四郎─林佳介─林義郎─林芳正
原田憲─原田憲治
原田昇左右─原田令嗣
肥田辰之助-肥田琢司・肥田広司(弟)
平井太郎─平井卓志─平井卓也
平沼騏一郎─平沼赳夫(兄の曽孫→養子)
広川弘禅─広川シズエ(妻)
福岡日出麿―福岡資麿(孫息子)
福田赳夫─福田宏一(弟)・福田康夫-福田達夫
福永健司-福永信彦
藤井丙午─藤井孝男
藤田正明─藤田雄山
元田肇─船田中・船田享二・藤枝泉介(船田家から養子)─船田譲(中の息子)─船田元
藤本捨助―藤本孝雄
二田是儀 (初代)―二田是儀―二田孝治
古屋善造─古屋慶隆─古屋亨─古屋圭司
細田吉蔵─細田博之
保利茂─保利耕輔
堀内良平─堀内一雄─堀内光雄─堀内詔子(光雄の息子の嫁)
本間俊一―本間俊太郎
ま・や・わ行
前田佳都男─前田勲男
松平恒雄―松平勇雄(甥)
松永東―松山千恵子・松永光(東の養子)
松本十郎─松本剛明
町村金弥─町村敬貴・町村金五─町村信孝─和田義明(信孝の次女の夫)
三浦八水─三浦一水
三ッ林幸三─三ッ林弥太郎─三ッ林隆志・三ッ林裕巳
三原朝雄─三原征彦・三原朝彦
御法川英文―御法川信英
宮崎謙介─金子恵美(妻)
宮澤裕─宮澤喜一・宮澤弘─宮澤洋一
宮路和明ー宮路拓馬
宮下創平─宮下一郎
三善信房―三善信二
武藤嘉門─武藤嘉一─武藤嘉文―武藤容治
村上紋四郎─村上信二郎・村上孝太郎─村上誠一郎
藤井勝志-村田吉隆(娘婿)
最上政三・最上英子─最上進(政三の養子)
粟山博─粟山秀・粟山明
森矗昶・岩瀬亮─森曉・森清・森美秀─森英介(美秀の息子)
森山欽司─森山眞弓(妻)
森喜平─森茂喜─森喜朗 ─森祐喜
大平正芳─森田一(娘婿)
保岡武久─保岡興治
山崎岩男─山崎竜男─山崎力
山下元利─山下英利
山村新治郎 (10代目)─山村新治郎 (11代目)
山本富雄─山本一太
山本友一─山本公一
山本治─山本拓
横内要─横内正明・横内公明
竹内綱─吉田茂(吉田健三の養子へ)─麻生太賀吉(娘婿)─麻生太郎
若林正俊―若林健太
渡邊良夫─渡辺肇─渡辺紘三(弟)


国民民主党・民進党・民主党(100名)
石井廣治─石井一―石井健一郎(一の甥)・石井登志郎(一の長男)・石井秀武(親類)
石田又七─石田勝之(孫息子)
一川保正─一川保夫
大石倫治─大石武一─大石正光
大出俊─大出彰
大野元美─大野元裕(孫)
岡田哲児─柏熊光代
奥田敬和─奥田建
鹿野彦吉─鹿野道彦
神田大作─神田厚
加藤高明・木内重四郎・幣原喜重郎(以上3人は互いに義兄弟)・関屋貞三郎─岡部長景(高明の娘婿)─木内孝胤(重四郎・貞三郎の曾孫)
岸本光造─岸本健
佐藤栄佐久─玄葉光一郎(娘婿)
小平忠─小平忠正
青木一男─小宮山洋子(孫娘)
佐々木秀世─佐々木秀典
佐藤観次郎─佐藤観樹(辞職・民主党除籍)
金光庸夫─金光義邦・佐藤一郎(娘婿)─佐藤謙一郎(一郎の息子)
永井柳太郎─永井道雄─鮫島宗明(道雄の甥)
田中角栄─田中眞紀子(娘)・田中直紀(娘婿)
鈴木直人─田中直紀
玉置一徳─玉置一弥
津島源右衛門─津島英治─津島恭一(英治の孫息子)
高橋英吉―高橋英吾―高橋英行
中井徳次郎─中井洽
楢崎弥之助─楢崎欣弥
西岡竹次郎・西岡ハル─西岡武夫─西岡秀子
鳩山和夫─鳩山一郎・鳩山秀夫─鳩山威一郎─鳩山由紀夫
世耕弘成─林久美子(妻)
日野吉夫─日野市朗
堀込義雄─堀込征雄
前田正男─前田武志(甥)
松崎良太郎─松崎公昭
松本治一郎─松本英一(養子)─松本龍
水島裕─水島広子
水野清―水野賢一(養子)
室井邦彦―室井秀子(妻)
横路節雄─横路孝弘
村山達雄―和田隆志(孫娘の夫)
渡部又左エ門─渡部恒三─佐藤雄平(恒三の甥)
※肥田次郎─肥田美代子と記載されているものがあるが、こちらの美代子は同姓同名の別人(国会議員の肥田美代子ではない)。

日本維新の会(25名)
東武─東徹
岩永峯一─岩永裕貴
浦野靖彦─浦野靖人
片山虎之助─片山大介
下地米一─下地幹郎
松本清―松本和那―松本和巳
藤巻幸大─藤巻健史(異母兄弟)
松浪健四郎─松浪健太(甥)
次世代の党・日本のこころを大切にする党
石原慎太郎(議員辞職までは自民党、後に東京都知事を経て国政復帰)─石原伸晃・石原宏高(共に自民党)
上野公成―上野宏史(娘婿)
櫻内義雄―桜内文城(孫娘の婿)
西野陽─西野弘一・西野修平

みんなの党
浅尾長慶―浅尾慶一郎(曾孫)
中川義雄―中川賢一
渡辺喜美─渡辺美知太郎(甥)

公明党(17名)
浅井亨─浅井美幸
石田次男─石田幸四郎(弟)
梅渓通魯─梅溪通虎─池坊保子
風間昶─石川博崇(娘婿)
多田省吾─多田時子(妻)
北側義一─北側一雄
北条雋八─北条浩(甥)
渡部一郎─渡部通子(妻)

自由党・生活の党
石原幹市郎―石原健太郎─石原信市郎・石原洋三郎
菊池長右衛門 (先々代)─菊池長右衛門 (先代)─菊池長右エ門
菅川健二―菅川洋
三木武夫・田中覚─松崎哲久
石田博英―三宅雪子(孫)

社会民主党・日本社会党(31名)
浅沼稲次郎─浅沼享子(妻)
稲村順三・稲村隆一(弟)─稲村稔夫(順三の息子)
上野千重郎─上野雄文
河上丈太郎─河上民雄
川俣清音─川俣健二郎
須永好─須永徹(孫息子)
田健治郎─田英夫(孫息子)
戸叶薫雄─戸叶武─戸叶里子(妻)
平野力三─平野成子(妻)
細谷治嘉─細谷治通
松前重義─松前達郎・松前仰
山口重彦─山口シヅエ(後に自民党)
山田耻目─山田健一(娘婿)
山中吾郎─山中邦紀

日本共産党(8名)
聴濤克巳─聴濤弘
上田耕一郎─不破哲三(弟)
米原章三─米原昶
吉良富彦─吉良よし子
なお、共産党候補者の選挙費用は全額党が負担するため、世襲議員も所謂“三バン”を継承してはいない。

日本未来の党・みどりの風
笠原潤一─笠原多見子
亀井静香─亀井郁夫(兄)

国民新党
久良知寅次郎─自見庄三郎(曽孫)
綿貫佐民─綿貫民輔

希望の党
柿澤弘治

官僚は一生官僚でOB一族

同期は、同期の桜で、死ぬまで面倒を見合います。助けいあですが彼らだけの秘したる世界です。国民と遊離した別の特権社会を創ります。
従った、上司の命令は絶対で、政治家問題が起こると官僚に自殺者が出ます。悪しき日本社会です。敗戦でも官僚制度はいじされました。民主化は起こりませんでした。

25年勤務期間とすると変わる

先生は受験洗脳者?

Create a new way of thinking

子供たちを自立させるほとんど不可能な話です。
諸悪の根源と言っていい。追い打ちをかける受験塾です。
子供たちは洗脳され、脳破壊され、創造性はなくなります。

「励ましとまねる」による「子どもの成長」を教育と呼びます。(文部科学省の教育とは記載より)英語を例にとると、「教育」の語源は、ラテン語の「e-(外部)」と「ducere(葦)」の積である英語の「教育」です。
欧米の教育は「個人の能力を引き出す」ことに焦点を合わせています。さらに、彼らは子供たちの特徴を「伸ばし」ます。
彼らは「賞賛」を多用しています。 「失敗」しても「再挑戦」をサポートし、失敗を恐れずに積極的に取り組むことを教えています。
記憶結果を評価するテストはめったにありません。欧米では、習得した知識を生かして何ができるのかが問題です。この考え方は、子供たちが自立することを奨励します。
言語学的には、世界はインド・ヨーロッパ語族系で占められています。

英語(約5億1000万)、

ヒンディー語(約5億)、

スペイン語(約4億2000万)、

ポルトガル語(約2億1500万)、

ロシア語(約1億8000万)、

ドイツ語(約1億3000万)、

フランス語(約1億3000万)、

イタリア語(約6,100万人)、

ウルドゥー語(約6,100万人)、

ペルシャ語(約4,600万人)、

ウクライナ語(約4,500万人)など)。

合計は229,800、約30億です。

言語は思考の右手、教育は左手です。しかし、その上に、思考の法則があります
一緒に、それらは現代世界の「アイデア」を形成します。日本の良さは「調和」です。この良さに基づいて、世界クラスの考え方を持つことがこのHPのテーマです。

In Japanese, “growth a child” by “encouragement and imitation” is called education. (From the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology) Taking English as an example, the etymology of “education” is the English word “education,” which is the product of the Latin words “e- (external)” and “ducere (reed).”

Western education focuses on “drawing potential.” In addition, they do “stretch” the characteristics of the children. They make heavy use of “praise”. Even if it “fails”, it supports “re-challenge”. They teach you to work positively on everything without fear of failure.

There are rarely any tests that evaluate the results you remember. In Europe and the United States, the question is what can be done by making use of the acquired knowledge. This direction of thinking encourages children to become independent.

From a linguistic point of view, the world is now covered by the same Indo-European languages. English (about 510 million), Hindi (about 500 million), Spanish (about 420 million), Portuguese (about 215 million), Russian (about 180 million), German (Approximately 130 million), French (approximately 130 million), Italian (approximately 61 million), Urdu (approximately 61 million), Persian (approximately 46 million), Ukrainian (approximately 45 million) People) and so on. The total is 229,800, about 3 billion.

Language is the right hand of thinking and education is the left hand. Together, they form the “idea” of the modern world. The goodness of Japan is “harmony.” Based on this goodness, having a world-class way of thinking is the theme of this HP.

「修練」と「チーム」

“Dough spirit” + “team spirit”

日本文化の「」とは。
何か日本文化には茶道や華道、剣道や弓道、合気道など「」と名のつくものが多い。 そもそも「」とはなのか。
一言でいえば、伝統的な技の上達のために修行を積むというプロセスであり、師範や教授といった指導者を育成するプロセスでもある(ウィキペディア参照)

What is the “road” of Japanese culture?
Many Japanese cultures have the name “michi” such as tea ceremony, flower arrangement, kendo, archery, and aikido. What is a “road” in the first place? In a nutshell, it is the process of training to improve traditional skills, and the process of training leaders such as teachers and professors.

映画、プライベートライアン参考になります