1.Life-saving training

命を守るトレーニング

仲間も守る

イメージトレーニング

誰でもできる

誰にでも必要

命や生活を守るための必須

荷物になりません

思考の順序を試してください.まず、

①問題に気づく。②「意識」が働きます。③「先のビジョンをイメージ」します。④そこに向かって「挑戦」する「意志」が生まれます。⑤生き残りのビジョンをつくり、⑥目的は命を守る、⑦超えるハザードを調べる⑧「目標を明確に」⑨言葉となる形で、⑩行動です。⑪仲間はどうしますか?⑫隣の人をどうしますか?⑬おカネありますか?⑭ガードは作動しません⑮その後いろいろあります ⑯起こってから考えるでは遅いと思います。⑰回路を習慣にする ⑱未来から今を見る⑲あなたの今が変わります

⑳思考の次元が変わります。

Try the order of thought. First,

① notice the problem. ② “Consciousness” works. ③ “Imagine the vision ahead”. ④ The “will” to “challenge” is born. ⑤ Create a vision of survival, ⑥ Protect your life, ⑦ Investigate the hazards that exceed ⑧ “Clearly clarify your goals” ⑨ In the form of words, ⑩ Action. ⑪ What do you do with your friends? ⑫ What do you do with your neighbor? ⑬ Do you have money? ⑭ Guard does not work ⑮ There are various things after that ⑯ I think it is late to think after it happens. ⑰ Make the circuit a habit ⑱ See the present from the future ⑲ Your present will change

⑳ The dimension of thinking will change.

2.千代田区を例にして

千代田区の人口構成 昼と夜

80万人、昼の中心、就業者や観光者

14万人、学生たち

6万人、住民(マンション住まい90%)

3.Obligatory work of the boss

4.Main hazards

外周部火災

液状化と下水使用不可

地下鉄のリスク・豪雨との連動

高層ビル・マンションのパルス振動

防犯(ロック)優先都市の課題

列島の交通遮断