Indifferent to the rapid population decline. The people look 100 years ahead and make the present, but the Japanese do not.日本には将来のビジョンを創造し実現するために努力する「言語と教育」システムがありません。 人類の歴史上前例のない急速な人口減少。 なぜそれが起こるのですか? 日本人が「原因と結果」に無関心なことが悲劇です

日本人の起源と消滅の原因を考える

日本人は未来を創ろうと何故考えないのか?

CLOSEContents

Explore causality.

Thinking about the origin and the cause of disappearance of the Japanese

日本人口の急激な減少には根本的な原因がある

Women do not have children. Men lose fertility.
There are social structural causes for the rapid decline in the Japanese population

日本人が特殊化した原因

日本語が孤立言語で、孤島環境で産まれたこと

日本語は世界で類似な言語がない。言語は環境文化から作られるとの「新学説」が唱えられた。

日本語がいい例だ。また、アマゾン奥地にも同一な傾向が発見された。

Japanese has no similar language in the world. A “new theory” was advocated that language was created from environmental culture. Japanese is a good example. The same tendency was found in the Amazon hinterland.

Know the present from the past
Position today from the vision of the future
And we will innovate from today to the future.

過去から現在を知る。
未来のビジョンから現在を位置づける。
そして、現在から未来へと革新します。

Gene of one woman
According to recent genetic research, about 100,000 years ago, about 2,000 modern people lived in East Africa. It turned out to be continuing from the “only female offspring” in the group.現生

人類共通・一人の女性の遺伝子から誕生


最近の遺伝子研究によると、約10万年前、現生人類は約2,000人ほどで東アフリカに住んでいました。その内の一人の女性のDNAから人類は今日に至ったことが判明しました。

DNA of equality
According to a study by psychologist Christopher Ryan and psychiatrist Casilda Jeda, prehistoric humans live in groups of men, women and children, sharing hunting and food gathering with each other. It was a daily routine to share with each other. In the hunting life of about 90,000 years, humans are said to have imprinted a desire for equality in their DNA.

平等のDNA


心理学者のクリストファー・ライアンと精神科医のカシルダ・ジェダの研究によると、先史時代の人間は男性、女性、子供たちがグループで住んでおり、狩猟や食べ物を共有してた。お互いに分かち合うのは日常的でした。約9万年の狩猟生活の中で、人間は自分たちのDNAに平等への欲求を刻み込んだと言われています。

Huge eruption and ice age
Eugene Smith, geologist at the University of Nevada, Las Vegas
According to the scientific magazine “Nature” dated March 12, temperatures plummeted due to the eruption of a “super volcano” on the island of Sumatra in Southeast Asia 74,000 years ago. Ancient humans who lived in southern Africa faced a crisis.

巨大な噴火と氷河期から旅が始まる


ネバダ大学ラスベガス校の地質学者、ユージン・スミス
3月12日付けの科学雑誌「ネイチャー」によると、74,000年前、気温が、東南アジアのスマトラ島で「超大型火山噴火」で急降下した。アフリカ南部に住んでいた現生人類は危機に直面した。

Mutations in the brain
The cause and effect is unknown, but according to Dr. Andrey Bishski, a neurologist at Boston University, humans encountered a “brain mutation” 70,000 years ago. Humans are said to have acquired a new imagination called prefrontal cortex synthesis. He is said to have acquired the ability to pre-simulate his plans and communicate them to his peers.

同じころ、脳の突然変異が起こる

火山との因果関係は証明されていない


火山噴火等との因果関係は不明ですが、ボストン大学の神経内科医であるアンドレイ・ビシェスキー博士によると、人間は70,000年前に「脳の突然変異」を起こした。人間は前頭前野合成と呼ばれる新しい想像力を獲得したと言われています。人間は計画を事前にシミュレートし、それを仲間に伝える能力を身につけたと言われています。

日本人もホモサピエンスの一員

A descendant of the Great Journey

Great journey

Great journey
After the eruption, the Earth entered the ice age, but humans escaped from Africa and spread rapidly around the world. Due to the low sea level during the Ice Age, humans roamed the land looking for prey and advanced into new areas.

グレートジャーニー
噴火後、地球は氷河期に入りましたが、人間はアフリカから脱出し、急速に世界中に広がりました。氷河期には海面が低かったため、人間は陸を歩きながら獲物を探して新しい地域に進出しました。

To the southern tip of America
After leaving Africa, they spread to Asia, Europe and the Americas. This journey, called the Great Journey, was a series of great hardships. About 15,000 years ago, it crossed the Bering Sea and expanded to the Americas. It reached the southern tip of the Americas 10,000 years ago.

アフリカからアメリカの南端までの旅路


アフリカを離れた後、彼らはアジア、ヨーロッパ、に広がりました。グレートジャーニーと呼ばれるこの旅は、人類にとっての大きな苦難でした。約15,000年前にはベーリング海を渡り、アメリカに拡大しました。 1万年前に南アメリカの南端に到達しました。

Behavior of the mind
Not only reproductive instinctive behaviors that connect offspring, but also behaviors that are born from thinking about other people and groups. Food was also distributed to those who did not get it. “Mental behavior” of sharing food with acquaintances during a crisis has been identified in hunter-gatherer societies.

心の振る舞いを獲得した人類・日本人も同じ


子孫をつくる生殖だけでなく、他人や集団のことを考えることから生まれる行動が生まれました。食料が手に入らなかった人にも分配しました。危機の際に他人と食べ物を共有する「精神的行動」が、狩猟採集社会で行われていたことが確認されています。

Communication between groups
Only humans can “share their hearts” with groups living in remote areas. I was born in such a crisis. From the “small area”, the groups are connected by a wide network. By “sending makeup and accessories to friends who can share it,” life became stable and became a means of communication.

グループ間のコミュニケーション
遠隔地に住むグループと「心を共有する」行動をとるのは人間だけです。そのようなことは、危機に遭遇することで生まれました。 「小さな領域」から、グループは広いネットワークでつながりました。 化粧品やアクセサリー等を共有できる友達に送りました。そうすることで、生活が安定し、コミュニケーションの手段ともなりました。

Unique cultural development
The sea level is said to be 100m lower than it is now 10,000 years ago and 5,000 years ago. At that time, humankind seems to have reached the Japanese archipelago.
After that, the climate warms, the polar ice melts and the sea level rises. Indonesia and the Bering Sea are separated by the sea and cannot be moved on foot. Mankind walks its history without knowing each other’s existence.

ユニークな文化的発展

その当時に人類は日本列島に到達したようです。
海面は1万年前は、5000年前の現在より100m低くなったと言われています。その当時に人類は日本列島に到達したようです。
その後、気候は暖かくなり、極地の氷が溶けて海面が上昇します。インドネシアとベーリング海は海で隔てられ、徒歩で移動することはできなくなりました。人類はお互いの存在を知らずにその後の歴史を各自歩きました。

Mankind is prolific
Mankind is a prolific race. They increased the seeds on the move. It is said that the reason why prolific birth is possible is that there are behaviors that are useful for group childbirth and childcare by “sharing the mind”.

人類は多産系の種であるのに

日本人の人口減少には社会的な原因がある(高齢者の死後、急激な人口減)


現生人類は多産な種です。人類は旅をしながら子供らを増やしました。多産が可能である理由は、「心を共有する」ことで、集団での出産や育児を手伝い合う生活行動を作り上げてきたかだと言われています。

encounter
On Earth, the reunion of Eurasians and Americans took place during the Age of Discovery,

ユーラシアに住んだ人類とアメリカに住んだ人類が初めて再会したのは大航海時代でした。