challenge ,vision-communication,!!明治近代化は西欧のまねごと、1945年8月15日から、高度成長の錯覚(1945~1990)平成社会の裏と表、2011年3月に東日本大震災、真の障壁は考え方、移民に高い障壁、日本人は国際社会で笑われる.日本人の今までの主語隠しから脱皮する

人類の共感性の欠落

Lack of human empathy

自由・人権・民主の不在

Absence of freedom, human rights and democracy

1,漢語と英語のダブル借用と「共感性の要素」も借り物

今では世界共通言語である英語を話せない小学生たち(大人が話せなくても子供は話せなければいけない)

私は北の丸公園になる科学技術館で2年働いた大勢の子供たちが来る。各国からくる。私は英語遊びをした。黄色い子供たちは日本人か中国か、韓国人である。100%日本人の子供たちは英語に反応できない。反応するのは中国人。この2年間で、私の日本消滅の考えは深刻な現実となると確信した。

千代田区の小学校で3年間のお手伝いもした。外人の先生はすぐやめて「英語授業」はと聞くと「彼らは話さない。とてもシャイだ」といった。古臭い、時代おくれの教育スタイルですねと外人は言っていた。

先生たちは「教育委員会」とかいうものに異常にビビっていた。パパママが文句を言うと、警察まで出動する。警察が学校を巡回する。何度も体験した。この国は気がくるっていると思った。

学校教育の日常が「自由や人権や民主主義」という世界のヒトとの共感性をはぐくむ自然な場だとは思えなかった。

1, Double borrowing of Chinese and English and “element of empathy” are also borrowed.

Elementary school students who can’t speak English, which is now a universal language (children must be able to speak even if adults can’t)

I have a large number of children who have worked for two years at the Science Museum, which will be Kitanomaru Park. Come from each country. I played English. The yellow children are Japanese, Chinese, or Korean. 100% Japanese children can’t respond to English. It is the Chinese who react. In the last two years, I am convinced that my idea of ​​Japan’s disappearance will become a serious reality. I also helped at an elementary school in Chiyoda Ward for three years. When the foreign teacher immediately stopped and asked about “English lessons,” he said, “They don’t speak. They’re very shy.” Foreigners said it was an old-fashioned, old-fashioned educational style. The teachers were unusually scared of what was called the “Board of Education.” When dad and mom complain, they even go to the police. The police patrol the school. I experienced it many times. I thought this country was upset. I didn’t think that school education was trained to foster sympathy with people in the world of “freedom, human rights, and democracy.”

2,横行するカタカナ

人権は、個の独自性を尊重する土壌に存在する。

TV広告や企業名は日本語化した英語で意味不明、次から次へと新しい英語が日本語に採用される、意味を聞くのも恥ずかしい世代階層化が進む。

そもそもが日本語が「借用文字」で成り立っているのだから、この流れはどんどんと加速する。そして、年代間で「理解度ギャップ」が創られ、広がり、漢語使用の文化圏で一応のバランスを得ていた民族的統一性が、急速に失われて行く。

同時に、養うべき「人権」は、相互理解から始まる。「年代ギャップ」が「他人への無関心」を造成している。
ヒト種の基本「他への関心」がない環境では「人権」は育たない。
人権が育たなければ、自由は育たない、自由が育たなければ、民主主義は育たない。

2, rampant katakana
Human rights exist in the soil that respects the uniqueness of the individual.

TV advertisements and company names are meaningless in Japanese, and new English is adopted in Japanese one after another, and it is embarrassing to hear the meaning.

In the first place, Japanese is made up of “borrowed characters”, so this trend is accelerating. Then, an “understanding gap” was created and widened between the generations, and the ethnic unity that had been tentatively balanced in the cultural sphere of using Chinese language is rapidly lost.

At the same time, the “human rights” to be nurtured begin with mutual understanding. The “age gap” creates “indifference to others.”
“Human rights” do not grow in an environment without the basic “interest in others” of human species.
If human rights do not grow, freedom does not grow, and if freedom does not grow, democracy does not grow.

3,横並びの若者

横並びは安心な気持ちをつくる。

例えば、卒業ともなれば袴きもの姿の女子大生。成人式は振袖。就職はリクルートスーツ・・。テレビはお笑い芸人の「ツッコミ」と「ボケ」で「笑いをとる」。時の過ぎるのを忘れる。

NHKすらニュースの終わりは株価曲線。日本人皆、経済脳になって安心感を得ている。

だが、まったく逆の「我おもう故にわれあり」とか「100万人の反対があっても我ゆかん」とか「同じものは着ないパリジャン」などの「個性」が「人権・自由・民主」を育むのではないか。日本の行く道は逆なのである。
日本には季節や色とりどりの花がある。世界で唯一の長所、自然と季節と美意識があった。これだけは横並びでは決してない。

3, side-by-side young people
Side by side creates a sense of security.
For example, when it comes to graduation, a female college student wearing a hakama. The coming-of-age ceremony is kimono. Employment is a recruitment suit. On TV, the comedians “Tsukomi” and “Bokeh” “take a laugh”. Forget the passage of time. Even NHK news ends with a stock price curve. All Japanese have become economic brains and have a sense of security.

However, the completely opposite “individuality” such as “I am because of me”, “I am Yukan even if there is opposition from one million people”, and “Parisian who does not wear the same thing” is “human rights, freedom, democracy”. Isn’t it nurturing? The way Japan goes is the opposite.
There are seasonal and colorful flowers in Japan. It had the only merit in the world, nature, season and aesthetics. This is by no means side by side.

IT時代・翻訳不能な日本語。

IT era, untranslatable Japanese.

パソコンに優れた翻訳機能があっても「日本語から英語への翻訳は不適格」で「英語から日本語への翻訳も意味不明」になる。たから、日本人は結局世界から孤立する。
日本の思考は世界では通用しません。日本人はなぜそれが通用しないのかわかっていません。

Even if the personal computer has an excellent translation function, “translation from Japanese to English is not suitable” and “translation from English to Japanese is also meaningless”. Therefore, the Japanese are eventually isolated from the world. Japanese thinking does not work in the world. The Japanese don’t know why it doesn’t work.

1,日本人が持ち合わせていないものは「世界共通の思考回路の法則」

教育を右手に言語を左手に、掲げる創造脳を動かす「思考法則」こそ必要なのです。
しかし、日本の教育は受験記憶型、言語は借り物では、脳自体が「借用型」です。
以前、日本が広い世界に飛び出して「世界の思考法則」の壁にぶつかりました。貿易商社という専門部隊が水先案内人となり、日本全体を引っ張ってきました。
長所は」何でも受け入れ生活を便利にします。短所は際限のない物まねとなります。「創造的思考」は生まれません。必要ないからです。「日常を支配する思考は前例踏襲」となります。
今日、インターネットの「個の時代」となって、個が世界と向き合えるのです。16歳のスエーデンの一人の少女の活動が世界に波を起こします。
「今」日本政府のデジタル化号令や「世襲議員の存在」の恥ずかしさを日本人は当たり前と感じているでしょう。
しかし、私たちは島国で日本語社会で生活する限り不自然と感じないのです。外から日本を見つめると、「自分」はどうすればいいか?と考えます。世界の中でいやおうなく「自分を意識」する「グローバル=地球人」の時代が来ていることを知ります。

1, What Japanese people do not have is “the law of thinking circuit common in the world”.

Education is on the right and language is on the left, and the “law of thinking” that moves the creative brain is necessary. However, Japanese education is memory-based for entrance exams, and the language is borrowed. The feature that the brain itself is “borrowed” and accepts anything makes life convenient, but it is an endless impersonation. “Creative thinking” is not born. Because it is not necessary. “Thinking that governs everyday life follows precedent.”

Previously, Japan jumped out into the wider world and hit the wall of “the law of thinking of the world”, but a specialized unit called a trading company became a pilot and pulled the whole of Japan. However, in the “individual era” of the Internet, the “now” Japanese people who face the world are at a loss. For the first time, I know the rush of the Japanese government and the embarrassment of hereditary lawmakers. At the same time, what should I do? The era of “global = earthlings” who are “conscious of themselves” is coming in the world.

2,三輪晴治氏の日本人論です。

私は120%同意する意見ですのでここに記します。別項でも引用しました。
日本人は21世紀の国際社会でまともな仕事ができないのではないか?
理由は国民が,
(1)ものの本質の究明力,
(2)相手に対する説得力
(3)イノベーション力
ないことであるという。日本人の評判は悪すぎる。本質に迫れない、うやむや,先送りが習慣

Japanese way of thinking that does not work in the world. Japanese thinking do not work in the world
Japanese don’t understand why it doesn’t work

Isn’t the Japanese unable to do a decent job in the international community of the 21st century?
The reason is that the people lack (1) the ability to investigate the essence of things, (2) the ability to persuade others, and (3) the ability to innovate. In Japan, important issues do not approach the essence, and there is a climate of reluctance and postponement.

10年前までは、中国に就職に行く若者もいましたが、これからは日本だけはリスクが大きすぎます。
今は12,000万人いてにぎやかですが、僕たち世代がいなくなったら人口急減、ロボットで老後資金貯めようとPRする元財務省男の自動で儲かるはヤバすぎます。
鏡の中の人は鏡の中の人を変えることはできません。 これは悲劇です。 危機管理は悲劇と危機が何であるかを知らない人々によって実行されています。

The person in the mirror cannot change the person in the mirror. This is a tragedy. Crisis management is carried out by people who do not know what this tragedy and crisis is.

若い人は外国人になった方がいい。普通なら日本から脱出しますよ

この章のテーマは、鏡の中の日本人を鏡に外の日本人に知ってもらうことです。思考回路を変えるには未知の国に行くことです。チャレンジすることですが、今の若者は「観光旅行はするが冒険旅行」はあまりしないようだ。内にこもる日本人の習性が日本全体にはびこり始めています。

The theme of this chapter is to let the Japanese people in the mirror know the Japanese people outside. I would like you to start the challenge of changing your thinking circuit.

Change your thinking circuit
日本人は臆病ですから外国人になろうとしないこれからは日本は最悪期に突入します

The Japanese are timid and do not try to become foreigners. From now on, Japan will enter the worst period

The world you see changes
自分が世界型に変わるとすれば、人生は楽しくなります。このままでは分断される小さな共同体がさらに小さくなり、テレワークで孤立して、うつ病が日本中に蔓延します。

Life will be fun if you change to a world-class style. If nothing is done, the small community that will be divided will become even smaller, and it will be isolated by telework, and depression will spread throughout Japan.

Fusion of logic and beauty

これからはグレートジャーニー地球人の時代です。