地球は57年前より悪くなっているぞ!!

77年の体験と技術開発での考え方などお話しします。

参考になればGOODです。

  • Akira Kamiya, Chairman (神谷昭)

Disaster prevention officer(防災士)
Plumbing work technical manager(管工事技術管理士)
Construction industry business manager(建築業経営管理責任者)

  • Born in Tokyo on December 1, 1944
  • Graduated from Keio University Faculty of Economics in 1969.

Background(経緯)


  • Two years of study and travel to the Eurasian continent
  • 1972 Founded a water company
  • 1975 Development of drainage high-pressure water cleaning method
  • 1981 Development of water pipe lining method with industry-academia team(~1996)
  • 1990 Development of non-destructive equipment for piping
  • 1993 Development of lining method for WHO standard non-carcinogenic paint
  • 2000 US-Japan patent for environmental cleansing detergent
  • 2010 Development of sanitary management system in water infrastructure
  • 2011 JAXA water grid performance inspection and business model
  • 2012 Fukushima Prefecture Radioactivity Decontamination and Work Model Practice
  • 2016 Team Challenge Crisis Management Learning Method Proposal
  • 2020 “Saving the World with Water and Agriculture” Online Proposal

神谷昭 2年間のユーラシア大陸旅行で学ぶ
1972年 水道会社を創業設立 学生社長
1975年 排水高圧水洗浄法の開発
1981年 水道管ライニング法の開発、産学共同チーム(15年間)
1990年 配管用の非破壊装置の開発
1993年 WHO標準の非発がん性塗料のライニング方法の開発
2000年 日米環境洗剤の特許
2010年 水インフラにおける衛生管理システムの開発
2011年 JAXA水グリッド性能検査とビジネスモデル
2012年 福島県放射能除染と作業モデルの実践
2016年 チームチャレンジ危機管理学習方法の提案
2020年「水と農業で世界を救う」オンライン提案

ET-methodの概要図

At the age of 20, (1) the wisdom gained from a two-year pioneering trip to Eurasia, (2) the results of Kamiya’s industry-academia technology development team, and (3) the Harvard method learned from his partner, Professor Kasahara, for 15 years. , It is a schematic diagram of the procedure of “team thinking” developed by adding them.

私は20歳の時、(1)ユーラシアへの2年間の開拓者的旅から得られた知恵、(2)産学技術開発チームの成果、(3)15年間パートナーであった笠原英司博士から学んだハーバード大学方式 、下記はそれらを追加して開発した「チーム思考」の手順概略図です。

” ET-Beginning”はユーラシア

 大学は2年休学

経営は「神谷昭」、新技術開発は「水聞多」

困っていることを解決する学生社長で起業

未経験のヤブ医者さんですか?

困っていることだから「新課題」です

戦略的マーケティング開始

課題がわかれば「戦闘開始」です