Christian Protestant Presbyterian
christian catholic
Christian Russian Orthodox Church
Jewish

創世記(ユダヤ神話+イスラエル誕生史+精神史=人間の戦争性の起源を語る)
Genesis (Jewish mythology + history of the birth of Israel + spiritual history = talks about the origin of human warfare)

2:9また主なる神は、見て美しく、食べるに良いすべての木を土からはえさせ、更に園の中央に命の木と、善悪を知る木とをはえさせられた。2:9 Out of the ground Yahweh God made every tree to grow that is pleasant to the sight, and good for food; the tree of life also in the middle of the garden, and the tree of the knowledge of good and evil.
3:3ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。3:3 but of the fruit of the tree which is in the middle of the garden, God has said, ‘You shall not eat of it, neither shall you touch it, lest you die.'”
3:4へびは女に言った、「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう3:4 The serpent said to the woman, “You won’t surely die,
3:5それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。3:5 for God knows that in the day you eat it, your eyes will be opened, and you will be like God, knowing good and evil.”
3:6女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。3:6 When the woman saw that the tree was good for food, and that it was a delight to the eyes, and that the tree was to be desired to make one wise, she took of its fruit, and ate; and she gave some to her husband with her, and he ate.

人間は神の命令を無視した。人間は、悪魔にそそのかされ「善悪を知る木の実を食べ」てエデンの園から追放された。以来、地上は悪魔が支配する世界となった。

Humans ignored God’s commands. Man was tempted by the devil to eat the fruit of the tree of the knowledge of good and evil and was banished from the Garden of Eden. Since then, the earth has become a world ruled by demons.

上記は、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖典(旧約聖書)の記述である。世界は過去も現在も「この書」により動いている。この世界観が人間の深層心理となっていると僕は思う。

The above is a description of the scriptures (Old Testament) of Judaism, Christianity, and Islam. The world, both past and present, is driven by this book. I believe that this view of the world is part of the depths of human psychology.

狩りの弓矢が、核弾頭を運ぶミサイルとなった。第二次大戦後、現在、人類は、核戦争の瀬戸際まで来た。「人間の善悪基準」は「それぞれ異なってしまっている」から、核戦争は必須となってきた。

Hunting bows and arrows have become missiles carrying nuclear warheads. After World War II, mankind is now on the brink of nuclear war. Nuclear warfare has become necessary because “human standards of good and evil” are “different.”

聖書予言によれば、イスラエルの建国が、人類の「大艱難時代」への入り口とある。時は、現在である。それ故、過去にさかのぼって事実及びその動機の背景を理解して「和解」の道を探る試みを僕は行なう。

According to biblical prophecy, the founding of the nation of Israel is the gateway to the “Great Tribulation” for mankind. The time is now. Therefore, I make an attempt to go back to the past, understand the background of the facts and their motivations, and explore the path of “reconciliation.”

弓から核へ 

文明は定住農業からはじまり、農具など兵器へと変貌することです。

Civilization, from Bow to Nuclear

文明は定住農業からはじまり、農具など兵器へと変貌することです。
Civilization is the transformation of farming and hunting tools into weapons, beginning with settled agriculture.

僕の見解では、戦争性の起源は、農産物の蓄積と農具の兵器化による「富の獲得競争」です。
聖書に、人間は「神と富」の両方に仕えられないとの聖句があります。人間の本質をえぐっています。

In my view, the origin of warfare is the “race for wealth” through the accumulation of agricultural products and the weaponization of agricultural tools.The Bible says that man cannot serve both “God and wealth.”

戦費の徴税

戦費の徴税者が王権者へ

Birth of royalty(Those who control war expenses by collecting taxes )

戦費の徴税者が王権者へ

ローマ帝国型

敵を絶滅させる戦争は行なわない。アメリカ合衆国のモデルとも云われる。日本の戦後統治も属州型である。ただし、日本には、米軍の基地があり、本質的な独立は認められていない。二度と立ち上がれない人間(民族)づくりです。

敵を絶滅させる戦争は行なわない。アメリカ合衆国のモデルとも云われる。日本の戦後統治も属州型である。ただし、日本には、米軍の基地があり、本質的な独立は認められていない。
The Roman Empire did not wage wars to annihilate its enemies. Also known as the model of the United States. Japan’s postwar governance is also provincial. However, even in 2022, Japan still has US military bases and is not essentially independent.

ユダヤ民族

紀元前1300ごろ,ヤハウェ神信仰を共有する部族がまとまって祭祀・伝承・神話を共有、イスラエル部族連合をつくる紀元前963年に,ソロモン国王がエルサレム神殿を建てる。この神殿は後世、第一神殿と呼ばれることになる。

旧約聖書はユダヤ人の神との契約書です。実に緻密な契約書です。神は掟を守るものへは優しく、掟を破る者たちには「復讐」をします。このバイブルは予言書であり、歴史書であり、ことごとく予言は実現してきた、驚異の書です。この書を知らずして、世界は語れません。


Around 1300 BC, tribes that shared the belief in Yahweh gathered together to share rituals, traditions, and myths, forming the Tribal Union of Israel.
In 963 BC King Solomon built the temple in Jerusalem. This temple was later called the First Temple.

以来、2000年間、ユダヤ人とナザレのイエスに従う者たちで世界は二分され、生死を懸けた葛藤が生まれた。バチカンは1965年の公会議で、ユダヤ人の「主(イエス)殺し」の大罪に対して、はじめて赦しを与えた。公会議は、ローマ法王が聖職者たちを招集してキリスト教の教義を定める、教会の最高会議である。

西欧史の闇には日本人が理解できない世界観が広がる。ナチスとカソリックの関係もである。僕は20才の時、ヨーロッパを2年間旅をして、多数のユダヤ人の方々とあった。そして、はじめて真実を聞かされた。「ローマ教会は、第二次世界大戦時に、ヒトラーのユダヤ人迫害について知っていたのに、最期までヒトラー、ケッペルス、ヒムラ―、ボルマンなどのカトリック教徒を破門しなかっと。」

The Cross of Jesus Leading the World’s Spiritual History
世界を二分した「隣人愛」の違い
イエスは、「隣人を愛せ、汝の敵をも愛せ」と説教。ユダヤ教の隣人とは「同じ民族内でのことだ」と批判した。Jesus preached, “Love your neighbor and love your enemy.” He criticized Jewish neighbors as “within the same people”.

離散と世界化

僕は新約聖書を日本語訳が適切かをチェックしながら英語で読んでいる。何故なら、僕は無教会派のクリスチャンであるから、聖書は大切な書です。しかし、教会化したキリスト像から「イエスを純化」しなけらば「ユダヤ人との相克」を克服できないと思ったからです。50年間考え続けてきたことです。

相克の決定的始まりは、第一次ユダヤ戦争だと思います。イエスの死後、反ローマの第一次ユダヤ戦争(AD66-74年)が起こった。(詳細は省きます)

イエスの予言に従って「山へ逃げた」ユダヤ人は無傷で生き残りました。エルサレムで籠城戦を戦ったユダヤ人は絶滅に近かったのです。その時以来、ナザレのイエスに従うユダヤ人たちは「売国奴」とユダヤ教徒から呪われるようになった。そして、イエス復活後、イエスの世界布教命令で相克は世界的規模となって広がったと僕は思います。

離散と世界化(グローバリズム起源)
Discretion and globalization (origin of globalism)
Christianity becomes Roman state religion

ユダヤ人は中央ヨーロッパと東ヨーロッパに定住するよう促されました。

ユダヤ人は中央ヨーロッパと東ヨーロッパに定住するよう促されました。Jews were urged to settle in Central and Eastern Europe.
追放、500年間に及ぶユダヤ人の東ヨーロッパへの追放
Expulsion, 500 years of Jewish expulsion to Eastern Europe

ユダヤ管理業

ユダヤ人が財政・金融・管理などに優れた能力を発揮、今日の資本主義の根幹を形づくる。僕はユーラシアの旅から帰って、経済学を専攻した。資本主義の原論的、哲学的側面はユダヤ人マルクスの「資本論」から学んだ。修正資本主義の運営はケインズで学んだ。当時は、近代経済学「財政・金融」と「金融資本と株式会社制度と支配関係」が僕の興味であった。ユダヤ人の卓越した能力と悲惨な歴史が「近代」を形づくっていると思っていた。

歴史に戻れば、イスラエルから追放された離散し、世界中に拡がったユダヤ人たちは、一定の許可と保護、そして住居と職業の制限を受けて西ヨーロッパに戻るよう求めらた。近代の支配者と土地所有貴族たちは、管理や商業に関する仕事をさせる為に彼らの「保護」のもとでユダヤ人にこれらの仕事許可したここが始まりです

At times, they were required to return to Western Europe after being exiled, with certain permits and protections, and housing and occupational restrictions. Modern rulers and landowners allowed Jews to do these jobs under their “protection” to get them to do administrative and commercial jobs

貴族の建物の管理業

ユダヤ人は商業、運送、製造、金融、手工業のほか、芸術、音楽、文学、演劇、ジャーナリズムなど、自由な職業に従事することを許されました。ユダヤ人は不動産管理者や税務署職員として働くことも許されました。

Jews were allowed to engage in free professions such as commerce, transportation, manufacturing, finance, handicrafts, as well as arts, music, literature, theater and journalism. Jews were also allowed to work as real estate managers and tax office staff.

徴税業務・マネー管理・両替商

王権とユダヤ

世界史の核心
イギリス王室+ユダヤ金融
人間は神の命令を無視した。人間は、悪魔にそそのかされ「善悪を知る木の実を食べ」てエデンの園から追放された。以来、地上は悪魔が支配する世界となった。この時から、悪魔が完璧に地上を支配するシステムが誕生したと思う。人間は自己勝手な異なる「善悪の判断」で戦争や略奪を行うこととなった。

Kingship, Jewish money changer and war expenses

イギリス王室のローマカソリックからの離脱 Withdrawal from the Roman Catholicism of the British royal family
スペイン王制とカソリックと大航海と植民地支配の始まり The beginning of the Spanish royal system, Catholicism, the Age of Discovery and colonial rule
イギリスからグレイトブリテンへ From England to Great Britain
スペイン居住のユダヤ人が資金提供

通貨発行権

マイヤー・アムシェル
ロスチャイルドが残した言葉

「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。」
(1790年発言)は有名で、中央銀行制度を作りだし、今もなお世界経済をコントロールする。

Words left by the first Meyer Amschel Rothschild
“Give me the right to issue and manage the currency of a nation. Then it doesn’t matter who makes the laws.” still control the world economy.

イングランド

僕は1年間イギリスのサーの勲章を持つ傷痍大佐の介護を1年間した。偶然であったが「英国とは」「アングロサクソンとは」を僕なりにしることができた。

ロスチャイルドは天才であった。みごとな戦略家である。金融一族「ロスチャイルド家」は栄華の頂点を極める。贅を尽くした豪華絢爛な一族の屋敷がヨーロッパ中に建造された。資産は英国そのものであったと思う。イングランド銀行の通貨発行権を握ったのである。その後、イングランドは「日の沈まぬ国」大英帝国となる。

During Queen Victoria’s time, in the early 19th and 20th centuries, when the British Empire was showing off its dominance to the world, Europe’s leading financial clan, the Rothschilds, was at the height of its glory. Luxurious and gorgeous clan mansions were built all over Europe, and nightly lively parties were held.

日の沈まない大植民地とバンカーたちの隆盛
インドの植民地化
アフリカの植民地化
中国の植民地化

アヘン戦争

中国共産党のリベンジの原点はアヘン戦争の屈辱イギリス滞在中、多くの中国の留学生たちとあった。彼らは僕には「日本人は漢字をただ使い」しているから「いづれ使用料を払うように」と言った。そして、「アヘン戦争のリベンジ」も彼らは口にした。習近平も同じことを言う。

デビッド・サッスーン(ロスチャイルド一族とも婚姻関係)は1832年にボンベイで「サッスーン商会」を創業し、インド産の阿片を密売し始めた。 サッスーン商会はイギリスの東インド会社からインド産の阿片の専売権を取得し、阿片をシナで売り、シナの銀を運び出し、とてつもない利益を上げた
David Sassoon (married to the Rothschild family) founded the “Sassoon Company” in Bombay in 1832 and began trafficking Indian opium. Sassoon & Co. obtained a monopoly on Indian opium from the British East India Company, sold opium in China, exported Chinese silver, and made a huge profit.


彼は「阿片王」と呼ばれる程になった。 彼はイギリス紅茶の総元締めでもあり、麻薬と紅茶は、彼の手の中で同時に動かされていた。
He came to be called the “opium king”. He was also the head of British tea, and drugs and tea ran in his hands at the same time.



1971年に「第25回毎日出版文化賞」を受賞した陳舜臣氏の著書『実録アヘン戦争』(中央公論新社)「アヘン戦争は、単にイギリスによるアヘン貿易強行のための中国侵略戦争以上の意味を持っている。 この “西からの衝撃” によって、我々の住む東アジアの近代史の幕が切って落とされたのである」。

The 1971 25th Mainichi Publishing Culture Award winner, Chin Shunshin’s book “Opium War” (Chuokoron Shinsha)
“The Opium War is more than just a war of aggression against China to force the opium trade by Britain. This “shock from the west” marked the beginning of the modern history of East Asia, where we live. of.”

上海は1920年代から1930年代にかけてシナ最大の都市に成長し、繁栄を極め、「魔都」とか「東洋のパリ」とか呼ばれるようになった。この当時の上海におけるユダヤ人口は、西アジア出身のセム系ユダヤ人700人、欧米出身のハザール系ユダヤ人4000人ほどであった。 上海では阿片戦争以降、イギリス国籍・アメリカ国籍・フランス国籍を持つセム系ユダヤ人がここを本拠地として活躍し、彼らがあらゆる点で支配的権力を持っていた。「上海証券取引所」の所長と99人の会員の3分の1強がセム系ユダヤ人であった。

From the 1920s to the 1930s, Shanghai grew into China’s largest city and became prosperous, becoming known as the “Magic City” or “Paris of the East.” At that time, the Jewish population in Shanghai was about 700 Semitic Jews from West Asia and 4000 Khazarian Jews from Europe and the United States. Since the Opium War in Shanghai, Semitic Jews with British, American, and French nationalities have been active here, and they have dominant power in all respects. The director of the “Shanghai Stock Exchange” and more than one-third of the 99 members were Semitic Jews.

1914年
第一次世界大戦

世界を巻き込む世界戦争の予言実現

①中央銀行の株主支配と紙幣権による利益
アメリカにおいても紙幣を印刷して国家に貸せば利益となる仕組みを得る。初代ロスチャイルドが唱えた国境なき金融を手にした人々はユダヤ人であった。金融に携わらない宗教人や一般生活者もいたが、財閥一族となった一部のユダヤ人たちの振る舞いは非ユダヤ人(キリスト教徒)であるヨーロッパ人たちの反感の土壌を作り出していった。

(1) Central bank shareholder control and profits from banknote
Even in the United States, Jewish families get a profitable mechanism by printing banknotes and lending them to the nation. The people who got the borderless finance advocated by the first Rothschilds were Jews. Although some religious people and ordinary people were not involved in finance, the behavior of some Jews who became conglomerates created a ground of antipathy for Europeans.

植民地争奪争いに端を発する世界分割戦争
イギリスは大英帝国と称し、イングランド銀行を背景に、世界制覇をおこなった。同時に、金融が戦費を賄い途方もない富を英国と金融一族にもたらした。第一次大戦の引き金となった。

World division war triggered by colonial struggle

Britain called the British Empire and won the world with the Bank of England in the background. At the same time, finance has paid for the war and brought tremendous wealth to Britain and the financial clan. It triggered World War I.

近代科学戦、1600万人死亡
Modern weapons war, 16 million deaths

毒ガス(塩素ガス、マスタードガス)
戦車の登場

無神論の台頭

ナチズム・共産主義・科学主義

政治風潮

ヨーロッパ政治の主流
Anti-Semitism, including racist variants, was the mainstream of European politics

敗戦の責任はユダヤ人と共産党員とした
戦場での恐ろしい殺戮は、何も得るものがない犠牲でした。内部密告以外には説明できないので主にユダヤ人と共産党員のせいにしました。
19世紀後半の未来志向の職業にユダヤ人が多すぎる。市民権に基づいた選挙権の広がりは、ユダヤ人は自由主義、急進主義、マルクス主義政党の中でも最も目立つ存在になっていた。
ソビエト連邦の樹立。 ユダヤ人家系のソ連のレーニン、トロツキーなどが国際的共産主義引き寄せていると多くの人々を震え上がらせた。

ナチズム台頭

ユダヤ人は儲けるために戦争をつくると流布された
戦争を開始したことへの非難。ドイツ、オーストリアなど国への絶望。ユダヤ人は国を利用するが儲けに国を必要としていないと非難された。ユダヤ人は、自分たちの利益のため、賠償体制の財務を管理した。

It was disseminated that Jews would create a war to make money.Condemnation of starting the war. Despair to countries such as Germany and Austria. Jews were accused of using the country but not needing it to make money. The Jews managed the finances of the reparations system for their own benefit.

ユダヤ人に対する人種差別

「社会ダーウィン主義」は、人類は単一の種ではなく、自分の種が生き残るために互いに競争するよう生物的に定められた、いくつかの異なる「人種」に分かれるという想定を行いました。優位な質を持つ人種のみが、力と戦争により行われるこの永遠の競争に打ち勝つことができるというものでした。

Human beings are not single, they compete for survival”Social Darwinism” assumed that humanity is not a single species, but is divided into several different “races” that are biologically defined to compete with each other for their species to survive. .. Only races of superior quality could overcome this eternal competition of power and war.

ヒッラーの民主選挙とは

ヒトラーは反ユダヤと反共産の機運がヨーロッパに充満していたので、その機運の上に載って政権を民主的選挙で獲得した。1930年代の経済不況を背景に、人種差別者だけでなく古い社会的、経済的、宗教的イメージを利用して、ナチ党は人気を博していきました。政権を握ってからは、ドイツ国民が直面するさまざまな政治的、社会的、経済的、倫理的問題の原因を「ユダヤ人」のせいにすることで、一部の合法性をも獲得していきます。

Against the backdrop of the economic downturn of the 1930s, the Nazi Party became popular, taking advantage of old social, economic and religious images as well as racists. Since taking office, he has also gained some legality by blaming the “Jews” for the various political, social, economic and ethical problems facing the German people. went

反ユダヤ人主義の法律を成立させました。 1935年、ニュルンベルク法は、「アーリア人」と「非アーリア人」との間の徹底的な区別を強制しました。 1938年11月9日、ナチスによってドイツとオーストリア全土のシナゴーグとユダヤ人所有の店舗の窓が破壊されました(水晶の夜)。 分離することが目的でした。

Enacted anti-Semitic law. In 1935, the Nuremberg Law enforced a thorough distinction between “Aryans” and “non-Aryans.” On November 9, 1938, the Nazis destroyed the windows of synagogues and Jewish-owned stores throughout Germany and Austria (Kristallnacht). The purpose was to separate.

1939年
第二次世界大戦

世界を巻き込む世界戦争の予言が再度実現

ナチスの反ユダヤ主義の焦点はジェノサイドという単一の目的に絞られました。
①ユダヤ人の殺害を正当化するためユダヤ人は共産主義の破壊分子
②戦争から利益を得ている
③ドイツに対して本質的に不誠実で敵対
④国家保安の危険因子とした。

The beginning of World War II in 1939.
The focus of Nazi anti-Semitism was on the single purpose of genocide. To justify the killing of the Jews (1) Jews are a communist destructive element (2) profit from war (3) essentially dishonest and hostile to Germany (4) a risk factor for national security.

ホロコーストとは(焼かれた生贄)

ナチス政権とその協力者による約600万人のユダヤ人の組織的、官僚的、国家的な迫害および殺戮を意味します。 「ホロコースト」は「焼かれたいけにえ」という意味のギリシャ語を語源とする言葉です。 「優れた人種」でユダヤ人を「劣った人種」であると見なしゲルマン民族のコミュニティに対する他民族による脅威であると考えました。ジプシー、身体障害者、ポーランド人やロシア人なども「劣った民族」であると見なし、迫害の対象としました

It means the systematic, bureaucratic and national persecution and murder of about 6 million Jews by the Nazi regime and its collaborators. “Holocaust” is a Greek word that means “baked sacrifice”. He considered the Jews to be “inferior” in “excellent race” and to be a threat to the Germanic community by other ethnic groups. Gypsy, disabled people, Poles and Russians were also considered “inferior ethnic groups” and were subject to persecution.

広島、長崎に原爆が投下された

イスラエル建国

ユダヤ人がイスラエルに戻り国を作った時から「大艱難時代」が始まる。ヨハネの黙示録予言
新約聖書を無視するユダヤ人は「読まない」「触らない」。僕は紐解いてみる。

1948年から1951年までの間に70万人近いユダヤ人がイスラエルに移住しました。その他のユダヤ人難民は米国やその他の国々に移住しました。東ヨーロッパのドイツ占領下にあった数百のユダヤ人コミュニティは壊滅しました。

Between 1948 and 1951, nearly 700,000 Jews emigrated to Israel. Other Jewish refugees have emigrated to the United States and other countries. Hundreds of Jewish communities under German occupation in Eastern Europe have been destro

世界史はユダヤ民族で動いている

ウイッキペヂア参照による抜粋

『旧約聖書』は原則としてヘブライ語で記載され、一部にアラム語で記載されている。また、イスラム教においてもその一部「タウラー」「ザブール」と呼ばれる)が啓典とされている[1]
紀元前6年から紀元前4年頃 、紀元1世紀にパレスチナのユダヤの地、とりわけガリラヤ周辺で活動したと考えられている人物である。専門家の用語として:historical Jesus とも言う。
ユダヤ教正統派の中でも、特に東部ヨーロッパに由来する伝統的な形態とその人々に対する通俗的な呼称。ヘブライ語では、単数形は「ハレーディー」であり、複数形は「ハレーディーム」(意味は「を畏れる人」)である。ユダヤ教の最右派。信仰上の理由から出生率が高い(6.9)ため、2019年1月時点の報道では12%(約100万人)へ増えている。21世紀半ばにはイスラエル人口の40%に達するとの予測もある[1]
ウィリアム・シェイクスピア喜劇戯曲である。『ベニスの商人』とも記される。「人肉抵當裁判」として紹介されたこともある。
タイトルの『ヴェニスの商人』とは有名なユダヤ人の金貸しシャイロックを指すのではなく、商人アントーニオ(英語版)のことである。英語のmerchantというのは小売商のような「商人」ではなく、むしろ「貿易商」を意味する。
ロスチャイルド」は英語読み。ドイツ語読みは「ロートシルト」。フランス語読みは「ロチルド」は、フランクフルト出身のユダヤ人富豪で、自由都市のヘッセン=カッセル方伯領の宮廷ユダヤ人であったマイアー・アムシェル・ロートシルト(1744-1812)が1760年代に銀行業を確立したことで隆盛を極めた。ロンドン、パリ、フランクフルト、ウィーン、ナポリに事業を設立した5人の息子を通じて国際的な銀行家を確立した。
カール・マルクスは1818年、経済学者(資本論)、革命家。社会主義および労働運動に強い影響を与えた。当時プロイセン王国領であったトリーアに生まれた[2]。現在のロスチャイルド家の礎を築いたネイサン・メイアー・ロスチャイルドと結婚したハンナ・コーエンとマルクスの祖母ナネッテ・コーエンは従姉妹関係にあたる。ユダヤ人であるコーエン家は当時イギリス綿製品を仕切っていた大富豪であり、そのコーエン&ロスチャイルド家の一員であったマルクス家も潤沢な資産を有していた。
レーニン、ロシアの革命家、政治家、哲学者。ロシア・ソビエト社会主義共和国およびソビエト連邦の初代指導者。レーニンの父はイリヤは下層階級の出自であったが、カザン帝国大学で物理学と数学を学んだのちペンザの貴族学校で教職を得て、中流階級の身分を手にした。1863年の半ば、イリヤはのちにレーニンの母となるマリア・アレクサンドロヴナ・ブランクと結婚した。マリアは裕福なドイツ・スウェーデン系の母と、ユダヤ系ロシア人の父との間に生まれた。
トロッキー、ウクライナ生まれのソビエト連邦の政治家、ボリシェヴィキの革命家、思想家。永続革命論の立場から、ヨシフ・スターリン一国社会主義建設に反対し、世界革命による世界社会主義の達成を目指す。あるいは、世界革命の達成なくしてスターリンの提唱する「一国による社会主義建設」は不可能であり、それは必然的に官僚の特権とその既得権防衛のための専制体制へと堕落する。出自は両親ともユダヤ人

米国で「ネオコン」と呼ばれる勢力は、1930年代に反スターリン主義左翼として活動した後に「ニューヨーク知識人」と呼ばれるトロツキストたちによるグループである。ニューヨーク知識人の多くは、アメリカの公立大学の中で最も歴史のある大学の1つであるニューヨーク市立大学シティカレッジ(CCNY)を根拠地として活躍していた。アメリカの消極的な対外政策に失望した集団である。他国の人権問題に関心を示し、民主主義、ひいては自由主義の覇権を唱え、独裁国家の陥落を外交政策の目的に置くという極めて革新的な思想および外交政策を標榜する。中東においては、唯一の近代民主国家であるイスラエルを基盤に周辺の独裁国家を滅ぼすことが中東問題の解決策であると主張する。団体の中核はユダヤ人が多い。

復讐するは神にあり
人は汝の敵を愛せ!

Psalms91-1
Yahweh, you God to whom vengeance belongs, you God to whom vengeance belongs, shine forth.

ユダヤ人の孤独とイエス
2000年間の呪いを解こう


教会キリストからイエスを解放してみよう。
マタイの福音を土台にして。

『新約聖書』に描かれているイエスは、人間の最高峰であると僕は思う。
ところが、旧約聖書のユダヤ民族を新約聖書は激しく偽善者と指弾する。
そして、キリスト教は、旧約聖書をユダヤ民族から引きはがした。
「マタイの福音書」は、ユダヤ人に「民はこぞって答えた。『その(イエスの十字架)血の責任は、我々と子孫にある』」(27-25)と、呼ばせています。

イエスの死後、反ローマの第一次ユダヤ戦争(AD66-74年)が起こる。イエスの予言に従って「山へ逃げた」ユダヤ人は無傷で生き残った。エルサレムで籠城戦を戦ったユダヤ人は絶滅に近かった。その時以来、ナザレのイエスに従うユダヤ人たちは「売国奴」とユダヤ教徒から呪われるようになった。

ローマ帝国の国教(AD380年)となって以来、中世の十字軍を始め、ユダヤ人に対する迫害はヨーロッパ中でキリスト教徒により繰り返し繰り返し行われました。バチカンは1965年の公会議でユダヤ人の「主殺し」の大罪に対して、はじめて赦しを与えたのです。教会と公会議は、ローマ法王が聖職者たちを招集してキリスト教の教義を定める、教会の最高会議です。

イエスは、教会組織によって、ユダヤ人から憎しみの対象となってしまった。

未来の平和は、和解にあります。