Banknotes, Rothschilds, war, Nazism.約5000年前から現在まで人類は「病気」ではなかったか?紙幣争奪、銀行資本、戦争、ユダヤ人殺戮。因果を学ぶ、未来ビジョンを創るために。

ロスチャイルド、ロックフェラー一族等、

戦費、火薬、ウラン、軍事産業

教科書では歴史の真実が見えない。受験高校生が学ぶ西洋史では歴史を動かすマグマはわからない。大学に入ってからは歴史を勉強しない。
日本人には米欧人の深層が理解できない。日本人が欧米世界で生きる条件に欠けることとなります。
中国史は論語から孫子の兵法と身近ですが、今日の中国は、マルクス・レーニンのユダヤの巨頭から始まる共産主義の国です。

紙幣の発明者は誰か?

紙幣の発明者はユダヤ金融家です

The inventor of banknotes is a Jewish financier

王冠とマネーの結合

(金融資本の発祥)

The financial capital that appeared in the UK is characteristic. It was born from the role of combining with the royal family and providing war expenses. Those who became are Jews who were oppressed. Successful people are Rothschilds

税を担保に国へ貸す中央銀行

Immutable economic structure

It is the basis of the financial system that remains unchanged today.

大航海から
植民地争奪の戦費調達時代

The value of national resources is the amount of money

Colonial interests created national finance and money circulation

英国に登場した金融資本は特徴的です。それは王室と結合し、戦争費用を提供する役割から生まれました。になったのは抑圧されたユダヤ人です

日露戦争とユダヤ人との逸話

ジェイコブ・ヘンリー・シフ 1847年1月10日 – 1920年9月25日 
ドイツ生まれのアメリカのユダヤ人銀行家、慈善家。高橋是清の求めに応じて日露戦争の際には日本の戦時国債を購入した。
勲一等旭日大綬章を明治天皇より贈られた。先祖はロスチャイルド家と同じゲットーの家に住んでいた。
シフはロシアで反ユダヤ主義による迫害(ポグロム)に苦しむユダヤ人を解放するために尽力した。現在の価値で日本は1億5千万円のお金しかなかった。彼は1兆円に及ぶ国債を買い入れてくれた。

Jacob Henry Schiff

January 10, 1847-September 25, 1920

German-born American Jewish banker and philanthropist. He purchased Japanese war bonds during the Russo-Japanese War at the request of Takahashi Korekiyo. He was presented with the Grand Cordon of the Order of the Asahi by the Emperor Meiji. His ancestors lived in the same ghetto house as the Rothschilds. Schiff worked to free the Jews suffering from anti-Semitic persecution (pogroms) in Russia. At the current value, Japan had only 150 million yen. He bought a trillion yen of government bonds.


成功者がロスチャイルドでした

初代のマイヤー・アムシェル・ロスチャイルドが残した言葉。
「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば、誰が法律を作ろうと、そんなことはどうでも良い。
(1790年発言)は有名で、中央銀行制度を経済システムに組み込み、今もなお世界経済をコントロールしています。

The successful person was the Rothschild

The words left by the first Mayer Amschel Rothschild, “Give me the right to issue and control the currency of a country, and it doesn’t matter who makes the law.” (1790) ) Is famous and still controls the world economy by using the central banking system.

中央銀行制度の創設者と言えるでしょう

2000代のアメリカ中央銀行の株主は以下の銀行と言われています。

ロスチャイルド ロンドン、

ロスチャイルド ベルリン、

ラザール・フレール パリ、

イスラエル・モゼス・シフ イタリア、

ヴオーバーグ アムステルダム、

ヴオーバーグ ハンブルグ、

チェース・マンハッタン、 

クーン・ローブ ニューヨーク、

ゴールドマン・サックス ニューヨーク、

Jpモルガン・チェース 

中央銀行では、紙幣を発行する権限を得て、紙幣を発行するだけで、利益を得るのです。紙幣は印刷されるのですが、そのコストはだいたい紙代と印刷代だけです。印刷が儲けになるのです。
Founder of the central banking system
Naturally, it is a private operation

Shareholders of the American Central Bank in their 2000s are said to be the following banks: Rothschild London, Rothschild Berlin, Lazar Frere Paris, Israel Moses Schiff Italy, Vuoverg Amsterdam, Vuoverg Hamburg, Chase Manhattan, Kuhn Loeb New York, Goldman Sachs New York, Jp Morgan Chase

At a central bank, you have the authority to issue banknotes, and you can make a profit just by issuing banknotes. Banknotes are printed, but the cost is roughly only the paper and printing costs. Printing is profitable.

ヴィクトリア女王の時代、

19~20世紀初頭、大英帝国が世界にその支配力を誇示していた時代、ヨーロッパ屈指の金融一族「ロスチャイルド家」も栄華の頂点を極めていた。
「ロスチャイルド様式(le gout Rothschild)」と呼ばれる、贅を尽くした豪華絢爛な一族の屋敷がヨーロッパ中に建造され、毎夜のように賑やかなパーティーが開かれた。

ダイヤが王族たちのステータス

ゲットーから王冠へダイヤがプレゼント。ダイヤが貴族たちのステイタスシンボルとなります。
アフリカでのダイヤモンド王といえばセシル・ジョン・ローズ以外にありえません。デビアス社の創始者です。
彼は「アフリカのナポレオン」と呼ばれました。彼はイギリスに生まれ、若くして南アフリカへと渡り、坑夫としてダイヤに出会いました。
ついにデビアス社を創設し、一躍アフリカのナポレオンとなったのです。

A diamond is presented from the ghetto to the crown
Diamond becomes a status symbol of aristocrats

Cecil Rhodes is the only diamond king in Africa. The founder of De Beers. He was called “African Napoleon”. Born in England, he moved to South Africa at a young age and met Diamond as a digger. He finally founded De Beers and became Napoleon in Africa.

デビアス社とイギリスの国益

デビアス社は、ユダヤの名家であったロスチャイルド家の融資の下創設された企業でした。
ロスチャイルド家は、第二次世界大戦期のイギリスを支えるほどの財力を持っていたそうで、その融資の対象となったデビアス社はイギリスの国益に直結していたのです。

De Beers was founded with a loan from the Rothschilds, a well-known Jewish family. The Rothschilds were said to have had enough financial resources to support Britain during World War II, and De Beers, which was the subject of the loan, was directly linked to Britain’s national interests.

君主と政府とロスチャイルド

資本主義経済の本質です。

通貨発行権

ユダヤ人に与えることは「王族と政府の必要性」から生まれたのです。
ロスチャイルドの陰謀ではありません。歴史的必然です。エジプト王室以来戦費の借入れは税で返済するがベースです。
これが「信仰と衝突」で述べた「歴史」です。金融はユダヤ人にとっての「農地」なのです。従って、ヨーロッパ各国の中央銀行はロスチャイルド系が株主となって、利息を取って、税で返済を受け、仕組みとなりました。
通貨を発行すれば利子や手数料をとります。それが利益です。紙幣を印刷すれば彼らの利益になります。
国をもたないユダヤ人の正当な事業システムです。植民地というのはイギリス、フランス、オランダなど宗主国が帝国主義政策によって現地を支配しました。
実際に植民地を経営したのは、東インド会社などの民間企業でした。東インド会社は、主としてユダヤ人企業家が経営していた会社でした。
中央銀行の傘下に銀行群が連なります。ここは別の国際世界です。国家間の対立である戦争がいかに無意味なことかわかるはずです。
「戦争は国家単位」で「資金循環は国際意識」で動いています。
この視点を持たないと本質を見誤ることになります。ダヤ人の立場に立って考えてみると、イギリスの帝国主義政策の結果として軍隊が動き戦争を行った。
その後、ユダヤ人が中心となって東インド会社でビジネスをした。

アメリカでは、1913年にロスチャイルド系銀行を中心とする国際銀行家たちが、中央銀行の設立に成功しました。
当然、国民の所得税によって返済が担保されました。現在、ドルの発行権を有するアメリカの中央銀行(FRB)は、連邦政府の機関ではなく百パーセント「民間銀行」なのです。
7社の民間銀行が株主で、ロスチャイルド系の銀行もその一角を占めています。
第一次大戦と第二次大戦でナチズムにより弱体化しましたが、自由フランス軍を支援した功績で、フランスに支えられ、復活しています。
国家意識を持てずに2000年間迫害にさらされた人達がいるのです。この章は、国家主義と国際意識についてがテーマです。
ウォールストリートとアメリカの関係に置き換えてみると、ウォールストリートの国際銀行家が、現在の最強国・アメリカを利用してビジネスを有効に進めているのです。
史上の出来事は、必ずしも国単位で動いているのではありません。

ユダヤ教徒とキリスト教徒

長い歴史で産まれたシステムが「下部構造」です。

18世紀から農業革命です。一年中農業するシステム農業です。連作被害を無くす作物と牧草と牧畜を組み合わせた農法です。ここに農業経営と農業労働者の雇用と資本蓄積の関係が産まれました。
19世紀に産業革命と呼ばれる科学の発明が一気に生産の効率を高め、市場拡大が始まりました。ひとりの欲で起こることではなく、人間の知恵が独り歩き始めました。
発明特許制度や株式会社制度を生み出します。イギリス人の知恵でしょう。当然、金融資本家のユダヤ人が一枚も二枚もかんだのでしょう。資本主義の始まりです。
利益を生み出すことは、「正当なキリスト教徒の精神」と言われる時代が始まります。

The relationship between the constitutional monarch, the government and the Rothschilds is the essence of the capitalist economy. Giving Jews the right to issue money came from the “necessity of royalty and government.” It’s not a Rothschild conspiracy. It is a historical necessity.

Since the Egyptian royal family, borrowing of war expenses is based on tax repayment. Therefore, the central banks of European countries became a system in which Rothschilds became shareholders, took interest, and received tax repayments. If you issue currency, you will be charged interest and fees. That is the profit. Printing banknotes is in their interest. It is a legitimate business system for Jews who have no country.

In the United States, in 1913, international bankers, mainly Rothschild banks, succeeded in establishing a central bank. Naturally, the repayment was secured by the national income tax. It was weakened by Nazism in World War I and World War II, but has been revived with the support of France for its support of the Free French Forces.

The US Central Bank (FRB), which has the right to issue dollars, is a 100 percent “private bank” rather than a federal agency. Seven private banks are shareholders, and Rothschild banks are one of them. This is the “history” mentioned in “Faith and Conflict.” Finance is a “farmland” for Jews.

Banks are lined up under the umbrella of the central bank. This is another international world. You can see how meaningless the war, which is a conflict between nations. “War is a national unit” and “fund circulation is an international consciousness”. If you do not have this perspective, you will misunderstand the essence.

Some people have been persecuted for 2000 years without national consciousness. This chapter focuses on nationalism and international consciousness.

金融財閥と産業財閥の合体

デュポン財閥

1802年に設立した火薬製造工場で巨万の富を築き、その後もデュポン社として第一次大戦で巨額の利益を得、レイヨン、ナイロン、プラスティックなどの新しい化学製品を次々と開発して化学工業全般に拡大し、第二次大戦では原爆製造に当たり,戦後原子力産業に進出

1802年に設立した火薬製造工場で巨万の富を築き、その後もデュポン社として第一次大戦で巨額の利益を得、レイヨン、ナイロン、プラスティックなどの新しい化学製品を次々と開発して化学工業全般に拡大し、第二次大戦では原爆製造に当たり,戦後原子力産業に進出

メロン財閥

トーマス・メロン(1813年2月3日 – 1908年2月3日)が、不動産事業による利益を元に1870年に設立したメロン商会を起源とする。
南北戦争後の混乱時に規模を拡大して銀行を買収し、ウェスティングハウス・エレクトリックやPPGインダストリーズの金融を手がけ、リゴニア・バレー鉄道の施工を監督した。
金融恐慌の1907年に創立したガルフ・オイルで7割を支配し、息子のアンドリュー・メロンを社長に就けた。1909年にアルコアを設立してアルミニウム業界を差配した。
トーマス・メロン(1813年2月3日 – 1908年2月3日)が、不動産事業による利益を元に1870年に設立したメロン商会を起源とする。南北戦争後の混乱時に規模を拡大して銀行を買収し、ウェスティングハウス・エレクトリックPPGインダストリーズの金融を手がけ、リゴニア・バレー鉄道の施工を監督した。金融恐慌1907年に創立したガルフ・オイルで7割を支配し、息子のアンドリュー・メロンを社長に就けた。1909年アルコアを設立してアルミニウム業界を差配した。

モルガン財閥

1837~1913、ゲッティンゲン大学を卒業後、ロンドンで父が起こしたJ・S・モルガン・アンド・カンパニーを受け継ぎ、19世紀末には世界最大の銀行家となった。
その豊富な資金力を活かして多くの鉄道を経営・統合し、USスチールも設立した。19世紀末にアメリカ最大の財閥の1つとなった。海運・電力・通信事業にも進出した。
1837~1913、ゲッティンゲン大学を卒業後、ロンドンで父が起こしたJ・S・モルガン・アンド・カンパニーを受け継ぎ、19世紀末には世界最大の銀行家となった。その豊富な資金力を活かして多くの鉄道を経営・統合し、USスチールも設立した。19世紀末にアメリカ最大の財閥の1つとなった。海運・電力・通信事業にも進出した。

ロックフェラー財閥

1839~1937 世界最大の石油トラストとして君臨したスタンダード・オイル創始者のジョン・D・ロックフェラーと弟でナショナル・シティー銀行ニューヨーク(現在のシティグループ)創業者の一人であるウィリアム・ロックフェラーによって発展した一族。
世界的な財閥で、石油業や軍事産業、金融業など様々な企業を傘下に収める。
1839~1937 世界最大の石油トラストとして君臨したスタンダード・オイル創始者のジョン・D・ロックフェラーと弟でナショナル・シティー銀行ニューヨーク(現在のシティグループ)創業者の一人であるウィリアム・ロックフェラーによって発展した一族。世界的な財閥で、石油業や軍事産業、金融業など様々な企業を傘下に収める。

ロスチャイルドロンドン家とパリ家以外の3家は衰退

19世紀後半の相次ぐ戦争とでの国家主義の高揚により、ロンドン家とパリ家以外の3家は衰退した。
1914年、第一次世界大戦でロスチャイルド家は敵味方に引き裂かれた。第一次世界大戦後のロスチャイルド家はこれまで投資した事業を守るだけで精一杯という状況にまで陥った

Due to the successive wars in the latter half of the 19th century and the rise of nationalism in each country, the three families other than the London and Paris families declined. In 1914, the Rothschilds were torn apart by their enemies and allies during World War I. After World War I, the Rothschilds fell into a situation where they could only protect the businesses they had invested in.

19世紀後半の相次ぐ戦争と各国での国家主義の高揚により、ロンドン家とパリ家以外の3家は衰退した。1914年、第一次世界大戦でロスチャイルド家は敵味方に引き裂かれた。第一次世界大戦後のロスチャイルド家はこれまで投資した事業を守るだけで精一杯という状況にまで陥った

反ユダヤ主義の好材料となる

ロスチャイルド家は「国際ユダヤ資本」とするユダヤ陰謀論に影響されたナチス・ドイツにとっては反ユダヤ主義プロパガンダの格好の材料にされる。

『ワーテルローの勝者 ロスチャイルド家』(1936年)

『ロスチャイルド家』(1940年)

「世界支配を狙う陰謀を企てる者」

反ユダヤ主義映画がドイツで公開された。

ロスチャイルド家は「国際ユダヤ資本」とするユダヤ陰謀論に影響されたナチス・ドイツにとっては反ユダヤ主義プロパガンダの格好の材料にされる。『ワーテルローの勝者 ロスチャイルド家』(1936年)『ロスチャイルド家』(1940年)「世界支配を狙う陰謀を企てる者」
反ユダヤ主義映画がドイツで公開された

自由フランス軍の財政をロスチャイルド家がささえる

1940年のパリが陥落すると、パリ家の銀行や邸宅もナチスに接収された。
パリ家の人々の多くはアメリカへ亡命し、ロチルド家御曹司ギーはアメリカからイギリスにわたってド・ゴールの自由フランス軍に入隊した。
自由フランス軍の財政は少なからずロスチャイルド家によって支えられていた

When Paris fell in 1940, the banks and mansions of the Paris family were also requisitioned by the Nazis. Many of the Parisians went into exile in the United States, and Guy de Rothschild joined the Free French Forces of De Gaulle from the United States to England. The finances of the Free French Forces were not a little supported by the Rothschilds

1940年のパリが陥落すると、パリ家の銀行や邸宅もナチスに接収された。パリ家の人々の多くはアメリカへ亡命し、ロチルド家御曹司ギーはアメリカからイギリスにわたってド・ゴール自由フランス軍に入隊した。自由フランス軍の財政は少なからずロスチャイルド家によって支えられていた

ロスチャイルド一族の二名が強制収容所で落命

1938年にオーストリアがドイツに併合された際には、ウィーン家の者はほとんどがイギリスへ亡命。当主はゲシュタポに連行された。
ナチスの手にかかったロスチャイルド家の者が2人出た。フランス家のフィリップの妻エリザベートはラーフェンスブリュック強制収容所。
ロンドン家の第3代ロスチャイルド男爵ヴィクターの叔母にあたるアランカはブーヘンヴァルト強制収容所で落命している。

When Austria was annexed to Germany in 1938, most of the Viennese were in exile in England. The owner was taken to the Gestapo. Two Rothschilds were found in the hands of the Nazis. Philip’s wife Elizabeth from the French family is in Ravensbrück concentration camp. Alanqa, the aunt of Victor Rothschild, the third Baron of the London family, has died in the Buchenwald Memorial.

1938年にオーストリアがドイツに併合された際には、ウィーン家の者はほとんどがイギリスへ亡命。当主はゲシュタポに連行された。ナチスの手にかかったロスチャイルド家の者が2人出た。フランス家のフィリップの妻エリザベートラーフェンスブリュック強制収容所。ロンドン家の第3代ロスチャイルド男爵ヴィクターの叔母にあたるアランカはブーヘンヴァルト強制収容所で落命している。

復活・ロスチャイルド・・

第二次大戦後の財閥たち

第二次世界大戦が終わった時、残ったロスチャイルド家はロンドン家とパリ家の二つだけとなった。大戦の影響でロスチャイルド家の衰退は更に進んだ。ロスチャイルド&カンパニー
パリ家とロンドン家が共同所有する金融持株会社。ロスチャイルド銀行グループの中核企業としてN・M・ロスチャイルド&サンズ(イギリス)やRothschild & Cie Banque(フランス)などを所有し統括している。他のアメリカ財閥とも連携して、復興している。

軍産学議会複合体

逸話であるが、アメリカ大統領アイゼンハワーの退任の演説概念
現在の経済構造を理解することができる。アイゼンハワーは「軍産学議会複合体」について警告した。
「アメリカの金融資本、産業資本、軍需産業、政府、官界、議会、産業別利益団体、ほとんどの有名大学を巻き込んだ学界、労働界、ほとんどの有名マスコミを含んだジャーナリズム界、広告・広報業界、退役軍人の団体、各州地方の利益団体、宗教界などなどを巻き込んだ経済体制がアメリカを支配する」と。
原爆を生み出した「マンハッタン計画を中心とした核兵器開発」体制とその後の展開に典型的に見られる。

Eisenhower warned that the United States has become a “military-industry-academia complex” society. It is “financial capital, industrial capital, munitions industry, government, parliament, industry interest groups, academia involving most famous universities, labor, journalism including most famous media, advertising and public relations industry, veterans. It is an economic and social system that involves groups, interest groups in each state, religious circles, etc. “

戦争時代を終わらせる

ロスチャイルド家は第一次大戦と第二次大戦でナチズムにより弱体化しましたが、自由フランス軍を支援した功績で、フランスに支えられ、復活しています。
国家意識を持てずに2000年間迫害にさらされた人達がいるのです。
この章は、国家主義と国際意識についてがテーマです。
ウォールストリートとアメリカの関係に置き換えてみると、ウォールストリートの国際銀行家が、現在の最強国・アメリカを利用してビジネスを有効に進めているのです。
株式相場に一喜一憂はダメです、国家意識は戦争を作ります。
すべてに人が国際意識を、更に、地球意識へアップ。

End the war era

逸話日本とユダヤ人、

リーマンブラザース

シフに誘われ、ドイツのユダヤ系銀行やリーマン・ブラザーズも、ロシアでの反ユダヤ主義に対する報復として日露戦争融資に参加した。
また、シフは1917年にレーニン、トロツキーに対してそれぞれ2,000万ドルの資金を提供してロシア革命を支援した。
経営者一族がシフの縁戚となっていたファースト・ナショナル銀行ニューヨークは、ロックフェラーのチェース・マンハッタン、J・P・モルガン・アンド・カンパニーと協調して、レーニンソビエトに対する融資を継続していた。
戦後、昭和天皇より「日本人はユダヤ民族に感謝の念を忘れません。かつてわが国はヤコブ・シフ氏に大変お世話になりました」という発言を受けたという
リーマンという存在は今も昔もリスクのあるところに投資しました。2008年3月に、最終的にリーマンは負債総額にして約64兆円という史上最大の倒産劇へと至り、「リーマン・ショック」として、世界的な金融危機を招くことになった。
現在、破綻から10年後の2018年時点、リーマン・ブラザーズには80人近い従業員がおり、資産売却で得た収入から債務者へ返済している。累計の返済額は約1,246億ドルと当初計画(約650億ドル)の2倍近くに達したと言われている。
2008年になってそれが最悪の形で裏目に出てしまったのです。「リーマンを馬鹿にするな」と言う方々も多くおります。

Anecdotes between Japan and the Jews, Lehman Brothers

Invited by Schiff, German Jewish banks and Lehman Brothers also participated in the Russo-Japanese War loan in retaliation for anti-Semitism in Russia. Schiff also supported the Russian Revolution in 1917 by providing $ 20 million each to Lenin and Trotsky.

First National Bank New York, whose management family was a relative of Schiff, continued to lend to Lenin Soviet in collaboration with Rockefeller Chase Manhattan and J.P. Morgan & Company.

After the war, Emperor Showa said, “The Japanese never forget to thank the Jewish people. In the past, Japan was very much indebted to Mr. Jacob Schiff.”

Lehman has always invested in risky areas. In March 2008, Lehman eventually reached the largest bankruptcy drama in history with total debt of about 64 trillion yen, leading to a global financial crisis as the “Lehman shock.”

Currently, 10 years after the bankruptcy, as of 2018, Lehman Brothers has nearly 80 employees and is paying back to the debtors from the income earned from the sale of assets. The cumulative repayment amount is said to be about 124.6 billion dollars, which is almost double the original plan (about 65 billion dollars).

In 2008 it backfired in the worst possible way. Many people say, “Don’t make a fool of Lehman.”

新たな相克

イズムとマネー

複合混迷

日本深刻な選択の道

歴史と組み込まれたシステムからではなく
思考されるビジョンから世界を動かすへ変える

Not from history and built-in systems
Change from a thoughtful vision to a moving world

ビックデータ時代、

個人力こそ時代を変えるキーワード

In the big data era, personal power is the key word that changes the era

つづく