2065年新日本人は3ビジョンの実現を図る
崇高な勇気あるビジョンを持った民族だけが生き残る!

wrapを始めましょう

wrapの会得法

wrapとは、
wellness recovery action plan
宇宙の一員である意識を獲得しますよりよく生きようとする態度をもって、元気回復しながら、社会環境も良くすることで、自己実現を図る習慣です。自己実現の具体的始まりは「ビジョンイメージトレーニングwrap」です

上を向いて寝ます
①ありのままの自分に戻ります
②生まれて来て上を見ている自分です
❸出来ることは上を向いて寝ることです
❹初めて空気と触れました。
❺同じ構造で役割の違う細胞60兆個が繋がって話し合っています。太陽と星のエネルギーを口から水と一緒に取り入れ「宇宙の一員」となります。宇宙意識は愛の意識です。


地球上であなたを介して宇宙と繋がりました
あなたは太陽と星からエネルギーをもらい地球の水と出会い命を得たのです。

60兆個の細胞を意識でつなげてエネルギーを自覚する。ありのままの自分を意識してボーとして、自分が宇宙の一員であると自覚します。いろいろある呼吸法を取り入れることはありません重要なのは愛の意識がエネルギーで、自分は内と外でつながる感覚です。そして、意識とは一つ一つの細胞への愛情と感謝です。

■地のエネルギーを得る足の裏  
■食(太陽と星のエネルギー)を得るお腹 
■宇宙’(天のエネルギー)を得る脳天

■意識を足裏へ;温感を得る 
■意識をお腹に、温感を得る

意識エネルギー強化

リラックスですよ

お腹が温かくなったら頭へと手をゆっくる上げていきます。上げた手は脳天でちょっととどめます。意識のつながりが感じられます。行つたり来たりします

お腹をリラックスして温かくなったらコマのように胃腸をゆっくりクルクルと左右に行ってこい行ってこい回転させます。手の力は使いません。太陽と星のエネルギーをゆっくり混ぜ合わせる感覚です。気持ちがゆったりします。100回転から1000回転OKです。

詳細を知りたい場合は困ったことを書いて「お問合せ」をご利用ください

ジョン学習はイメージ学習

ビジョンイメージの条件

第一条件

体験から「脳細胞と皮膚細胞」と「意識」との関係は、足裏、お腹、手のひら等の温感とは感覚が違います。脳とつながる脊椎細胞も忘れずに意識の中に入れましょう。生命40億年の視界と記憶が後頭部から脊椎に詰まっています。脊椎は視覚とも連動しています。

お風呂上りに後頭部から首筋から脊椎に冷水シャワーを架けます。時間は最低60秒程度です。夏からはじめて真冬でも続けます。1年もすると老眼もよくなってきます(神谷昭の体験記)。なんでも「試し」が重要です。冷温が皮膚細部を活性化して元気が湧いてきます。す。

犬さんには効き目はありませんよ
しっかり背筋にかけましょう

第二段階

足裏、お腹、手のひら等の温感体験ができてくると、額が冷える感覚が生まれます。この段階で図のような希望のイメージを額の前方に意識してください。脳細胞から外に向かって愛の意識エネルギー出ていく感じです。意識が内と外とつながる。自分の脳細胞と皮膚細胞を愛してください。

幼児に不可欠なスキンシップ
愛はスキンシップそのものです

第三段階
ビジョンをしっかり設定します
ビジョンの4条件

第一は、愛・平等・助け合い。農耕前の狩猟時代の人類に刻み込まれた人類の優れたDNAです
第二は、自由・人権・個人の尊重。現在の時代を創っている啓蒙的な考え方です。実際は実現されていません
これから本気で実現しなければなりません。
第三、第四は、第二が利益争奪戦争で見せかけとなっているのでこれからの課題です。
私は、新ホモサピエンス時代の扉を開けようと提案します。

従来の学習法を捨てる勇気から・・

試験不要・塾不要。
時間を有効化して

ビジョン創作から
特許づくりや
役立つ仕事作りなど、

ビジネスモデル
作りから始めましょう・

令和義塾のビジョンです。

①地球人の生存の権利・食と衛生を全地球人が確保する
②地球上の生活の質・幸せを提供する社会を作る
③戦争を地球上から根絶する・非暴力人類が住む地球をつくる

From vision to reality

前向きなビジョンを脳の真ん中に置く
それだけで困っていることが解決
方向に向かって歩くだけ
WRAP-ET-methodを学習

【雑学】脊柱には生命の全記憶が封印されているといわれています。
その知恵と力を得るためにインドの行者や仏陀、続く者たちも呼吸を活かしてその扉を開いてきました。
酸素(気)を地から得、天の気が頭のてっぺんから得て、
その二つが融合して、宇宙と自己との一体性、並びに未来をイメージしたそうです。
【私も体験】してきました。人類の崇高な知恵だと思いました。

wrapからET-methodへ

誰でもが持っている「意識」をエネルギー(水)として、ビジョン(種)を思考回路に植えます。種は根を出し、心の奥に芸術的に美しく空気と水と触れながら生えてきます。若葉も太陽の光を得て伸広がります。水を与えながら育ててゆきます。育てる方法が earthling thinking (ET-method)です

毎日繰り返すサイクルがET-methodです

第4段階が実行です。
ACTION

home contact